bizSPA!フレッシュ

最上位iPhoneにも匹敵?5万円台「Xiaomi 11T」の“カメラ性能”が侮れない

お買い物

その他「遊べる」モードも多数搭載

 Xiaomi 11Tにはこのほかにも、写真や動画にさまざまな効果を加えることができるモードが用意されている。

 たとえば、「ムービー効果」には、被写体の大きさを固定したまま背景だけを動かす「マジックズーム」、動画の一部分だけを静止する「タイムフリーズ」、夜間に動くものを美しく撮影できる「スローシャッター」、風景の中に鏡を置いたような映像の撮れる「パラレルワールド」などのモードを搭載。

11t-hikaku_16

「パラレルワールド」は、画面の下半分の映像が上半分に反転して映し出された不思議な動画を撮れる

マジックズーム」と「タイムフリーズ」は、被写体をうまく認識させるのが難しく、使えるシーンはかなり限られそうだが、「パラレルワールド」は手軽に楽しめる。

 静止画向けの機能では、「長時間露光」も楽しい。端末を固定して走る車や移動する人、夜景などを撮影するだけで、幻想的な写真を撮ることが可能だ。

カメラにこだわる人でも不満なく使える

 コスパでスマホを選んだ場合、カメラなどの性能は「そこそこ」で妥協するしかないというイメージを抱いている方もいるかもしれない。しかし、半年間Xiaomi 11TとiPhone 13 Proで写真を撮り比べてみると、そのような印象はまったくなく、「倍の価格差があるスマホに負けていない!」という驚きを感じた。

 もちろん、色味や光の繊細な表現では「さすがiPhone」というケースもあったものの、超高画素での撮影やマクロの撮影距離の長さなど、Xiaomi 11Tのほうに強みを感じるシーンも少なくなかった。カメラにこだわる人でも不満なく使える機種といえる。

 なお、Xiaomiからは、5月末に「Redmi Note 11 Pro 5G」も発売された。価格は4万4800円で、ミドルレンジモデルの位置づけとなる

 メモリ(RAM)が6GBとXiaomi 11Tより少ないことや、プロセッサーに中位機種向けのSnapdragon 695を搭載しているといった違いはあるものの、約1億800万画素カメラや67W充電器による急速充電などはしっかり搭載されているので、コスパを考えればこちらも選択肢となりそうだ。

<TEXT/酒井麻里子 編集/ヤナカリュウイチ(@ia_tqw)>

スマホやPC、ガジェットといったデジタルアイテムや、ビジネスに役立つアプリ、日用品などに関する記事を執筆。Twitterは@sakaicat

人気タグ

おすすめ記事