100万人超がハマるYouTubeアニメの舞台裏。バズるきっかけは「ひろゆき」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

100万人超がハマるYouTubeアニメの舞台裏。バズるきっかけは「ひろゆき」

 エモいイラストとシュールな会話。そんな新感覚のアニメコントが話題のYouTubeチャンネル「マリマリマリー」。2年足らずで登録者100万人を突破し、グッズは即完売する人気ぶり。今回は制作陣がインタビューに回答。ヒットコンテンツになるまでの経緯を聞いた。

マリマリマリー

YouTuber・マリマリマリー

エモくてシュールなアニメのコント

――「マリマリマリー」を立ち上げようと思ったきっかけは?

深見シンジ(以下、深見):僕は放送作家になってコントを書く機会になかなか恵まれず。そこで作家仲間のさかもとを、まずは「YouTubeでコントを作らない?」と誘いました。

さかもと良助(以下、さかもと):僕も放送作家として、四千頭身さんやAマッソさんの番組を担当。お笑い好きで、コントに関わりたいと思っていたところでした。

――“アニメ”でコントを描こうと思った理由は?

深見:僕らは芸人ではないので表現するのは無理。人気だったアニメ動画に目をつけました。

エモい絵とコントの“ミスマッチ感”

――イラストをMORISAKIさんに依頼することにしたのは?

深見:エモい絵とコントのミスマッチ感が面白いと思い、イメージに合った絵を描ける人を紹介してもらいました。

――イラストのオファーを受けたときの気持ちは?

MORISAKI:それまでグラフィックデザイナーとして活動。イラストは描いてはいましたが戸惑いましたね。だけど、コンセプトが面白そうなので挑戦することに。

12

おすすめ記事