「同棲はNG」結婚前のカップルが“確認or注意すべき行為”をプロに聞く | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「同棲はNG」結婚前のカップルが“確認or注意すべき行為”をプロに聞く

 30歳を過ぎると周囲の人間が続々結婚するようになる。ただ、焦りを覚えつつも独身という名の自由を手放すことが惜しいため、結婚願望がありつつも結婚を躊躇している男性は多い

結婚

画像はイメージです(以下同じ)

 結婚願望を持ちながらも一向に結婚に対する決心がつかない男性が、一念発起するにはどうすれば良いのだろうか。婚活市場の現状について語ってもらった前回の記事に引き続き、『恋活卒業! マトモな男とだけすぐに付き合える方法』(かんき出版)の著者でもある恋愛アドバイザーの結太朗氏@Musubitaro)に、結婚前に確認すべきこと、同棲は必要なのか、結婚を決断できない男性へのメッセージなど、幅広く話を聞いた。

子供嫌いでも大丈夫?

 まず結婚前に確認しておくべきことを聞くと、「とにかく『子供が欲しいかどうか?』は絶対聞いておいたほうが良いです。とりわけ、彼女の年齢が30歳を過ぎている場合、女性は出産・妊娠に恐怖や不安を感じているはず。子供の話題を振るだけでも心を軽くできます」と回答。

「ただ単に面倒に思う男性もいますが、中には『子供はそんなに好きじゃないんだよな』という理由から子供に関する話し合いを避ける人も少なくありません。『子供嫌い=人間性に問題がある』と考え、彼女に子供が苦手であることを悟られたくない男性もいます。しかし、個人的な意見ではありますが、『子供が嫌い』と言っている人も、いざ子供を持てば溺愛するケースは珍しくない。必要以上に心配しなくても良いのではないでしょうか」

お母さんとは会っておくべき

母 娘

 さらには「彼女のお母さんがどういう人なのかもチェックする必要があります」という。

「女性は将来、その人の母親のような性格や価値観になりがちなので、結婚前に会っておくべきです。ただ、彼女の実家で会うと仰々しい感じになりますし、結婚確定のレールに乗ってしまいます。喫茶店でお茶をするとか、最近はホテルビュッフェなんかもリーズナブルな価格で利用できるため、ライトなシチュエーションで会いましょう。

 その際、母親が娘さんにどのように接しているのかを見れば、将来結婚して子供を持った時、自身の子供に対する接し方がわかります。また、彼女は母親には本音を話す傾向があるため、意外な本心が見えたり、猫を被っていたかどうかもわかります」

 他にも「転勤があった際に付いてきてもらえるのか」「親の介護はあるのか」といったことも事前に話しておくことを提言した。

恋活卒業! マトモな男とだけすぐに付き合える方法

恋活卒業! マトモな男とだけすぐに付き合える方法

恋愛攻略術は、日々変化している。一昔前の攻略法は、もはや通用しない。それどころか逆効果…。LINE LIVEやPocochaで総合1位を連発する「恋愛アドバイザー」の結太朗が、最新の攻略法を惜しみなく披露

ハッシュタグ

おすすめ記事