松井愛莉、20代で初めてハマったこと「気持ちよくて本当にスゴい」 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

松井愛莉、20代で初めてハマったこと「気持ちよくて本当にスゴい」

自分の思いを上手に伝えられる女性になりたい

総理の夫

――自分の意見も言えるように?

松井:はい。もともと相手にあわせるタイプだったのですが、経験を積むにしたがって、自分の意見をちゃんと持って言えないとよくないと感じるようになりました。そうでないと、ずっと流されていってしまいますし。責任を持つという意味でも、意見は言えるようにならないとなと。

――それは今も課題ですか?

松井:どうしても自分の思いを伝えるのが苦手なので、20代のうちにクリアにしておかないといけないかなと思っています。この作品の凛子さんのように、芯の強い、自分の思いをはっきりと、しかも上手に伝えられる女性に憧れているので、そうなれるように目指しています。

藤原紀香さんにかけてもらった言葉

総理の夫

――お芝居を始めて以降、かけてもらった先輩の言葉などで印象に残っているものはありますか?

松井:たくさんありますが、最近で言うと、初めて主演の映画(『癒しのこころみ~自分を好きになる方法~』)をさせていただいたとき、不安ななかでも精いっぱいやろうとずっと気を張っていたんです。

 里奈という役だったのですが、撮影が終わったあと、ご一緒させていただいた藤原紀香さんから「役とリンクしていて、本当に里奈ちゃんみたいだったよ」と言っていただいて。プレッシャーが大きかった分、すごくありがたかったですし、嬉しかったです。

おすすめ記事