ビジネス英語で「I’m sorry」の一言が絶対NGである理由 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ビジネス英語で「I’m sorry」の一言が絶対NGである理由

キャリア

 ビジネス英語トレーナー そのはたちえこです。ビジネスパーソンを対象に、コーチング手法を使ってビジネス英語を教える仕事をしています。今回紹介するのは、ビジネスシーンの英語で「絶対に言ってはいけない一言」です。それは何だと思いますか? もしかして、あなたも言ってしまってはいないでしょうか?

英会話

※画像はイメージです(以下同じ)

思わず言ってしまうあの一言

 私が外資系メーカーで、あるチームのマネージャーをしていたときのこと。部下の1人に、来日するシンガポール人マネージャーに向けて、ある技術的なプレゼンテーションをしてもらうことになっていました。その部下は、30代半ばの男性。技術的な知識や経験豊富で、理系のスペシャリストとしてチーム内でも非常に信用の厚いメンバーでした。

 その彼にシンガポール人上司にプレゼンをやってもらうことは、2週間くらい前から決まっていたので、彼は一生懸命資料を準備して臨んだのでした。そして、いざ、本番当日。シンガポール人上司の前で、プレゼンテーションを始めたその彼は、開口一番、何と言ったと思いますか?

I’m sorry, my English is bad.

 そう、「私は英語が下手で、すみません」と言ってしまったんです。

今すぐやめてください

 他にも、こんな言い方をしている人も見たことがありませんか?

I’m sorry, I can’t speak English well.(英語がうまく話せなくてすみません)
I’m sorry, my English is terrible.(私の英語が酷くてすみません)

 これをお読みの皆さん、もし、過去に同じことをしてしまったとしたら、今すぐやめてください。ビジネスシーンの英語で、自分の英語力がないことを謝っても、いいことはひとつもないのです。この記事では、それはどうしてか、またビジネスシーンで英語に自信がない時、どう考えたらいいか、具体的にどんな対策をしたらいいかをお伝えします。

ハッシュタグ

おすすめ記事