多くの人が勘違いしている「日本人が英語ができない」2つのワケ | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

多くの人が勘違いしている「日本人が英語ができない」2つのワケ

キャリア

 ビジネス英語トレーナー・そのはたちえこです。ビジネスパーソンを対象に、コーチング手法を使ってビジネス英語を教える仕事をしています。

英語 英会話

画像はイメージです

 私は、仕事柄、社会人で「英語が話せない」人の話をうかがう機会が多いのですが、その多くが英語習得について2つの誤解をしています。1つは「学習時間」についての誤解で、もうひとつは「学習の質」についての誤解です。それでは順を追って説明していきましょう。

英語の「学習時間」についての誤解

 まず、私がお話をうかがう多くの方が、仕事で英語を使う必要のある方たちです。そして、みなさん、これまで全く何もしていないわけではなく、英会話スクールや、オンライン英会話、英語教材など、あれこれ試した割には、英語がしゃべれるようになっていない、と言われています

「あれこれやっていますが、いつになったら話せるようになるのでしょう?」
「いったいあと何時間勉強すればいいのですか?」

 なんて、嘆きに近い悩みをうかがうこともあります。ところで、みなさんは「日本人が英語を習得するのに必要な時間」をご存知でしょうか?

日本人が英語を習得するには2200時間必要?

英語 謝罪 ビジネス

 実は、2200時間以上、と言われています。
 アメリカ国務省のFSI(外務職員局)のウェブサイトに出ている研修プログラムの情報で、「アメリカ人(英語のネイティブ)が、日本語を習得するのにかかる時間」=2200時間の授業を受けること、なのだそうです。裏返すと、私たち「日本語のネイティブ」が、英語を話せるようになるのにも、「2200時間」くらいかかるのではないか、と言えますね。

 では、あなたは今までにどのくらい英語学習に時間を費やしてきたでしょうか? 中学、高校の授業の時間と、予習、復習を真面目にやった、としても、せいぜい1200~1500時間です。大学受験で一生懸命勉強した、という人でも、英語だけで「2200時間」に到達している人はほとんどいないのではないでしょうか。

 つまり、多くの日本人は、社会人になった時点で、圧倒的に「学習時間」が足りていないのではないか?ということです。上記の通りなら、多くの人は500~1000時間くらい学習が不足している、ということになります。

ハッシュタグ

おすすめ記事