告白されたら「即ブロック」。男をストックする30歳“色恋”美人の手口 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

告白されたら「即ブロック」。男をストックする30歳“色恋”美人の手口

コラム

 実家がお金持ちというわけでもなく、はたまた大企業に勤めているわけでもないのに、全身ブランド物で着飾っている女性は、普段一体何をしているのか気になりませんか。

白いワンピースの女性

画像はイメージです(以下同じ)

 都内でネイリストをしている山岡杏子さん(仮名・25歳)の先輩であるA子さんは、まさにそういった感じの風貌なんだとか。

都合の良い男を常に数名ストック

「私より5つ歳上の30歳で、美人ですね。この人が困ったことに誰に対しても『色恋』を仕掛けるんです」

 彼女には「ご飯を奢ってくれる男」「洋服を買ってくれる男」「送り迎えをしてくれる男」が常に数名いるそうです

「全員、結婚願望の強いアラフォーのおじさんです(苦笑)。A子さんは日頃から結婚したいだの、恋がしたいだのと男たちに吹聴しているんです」

 それを聞いた、モテない中年男性は思わず勘違い。A子さんは基本的に街中でのナンパやマッチングアプリで“調達”しているようですが、時には親しい人をターゲットにすることもあるみたいです。

たまたま誘った友人にも魔の手が

カップル 合コン

「女性数名で飲んでいたときに私の男友達を呼んだんです。その場では、さして話している様子もなかったのですが、後日、その彼に『欲しいバッグがあるんだけど、お金がなくて』といった趣旨の電話を掛けていたみたいで……」

 どうやら投資でかなり儲かっている話題で盛り上がったようで、Aさんはそこに目をつけたんだとか。

「彼は元サラリーマンということもあって、金銭感覚はとても普通なんです。それに見た目もそこそこだから、女性からのお誘いはいっぱいある。なので、わざわざ『お金ない』とアピールする電話を掛けてくるような“地雷女”に引っかかりませんでした」

 この1件がきっかけで、杏子さんは男性の友人を一切、紹介しないことにしたそうです。

12

おすすめ記事