コロナ禍でも大繁盛「投資家バー」を体験。カクテル「リーマンショック」のお味は | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

コロナ禍でも大繁盛「投資家バー」を体験。カクテル「リーマンショック」のお味は

マネー

「投資を始めたい」という話を耳にする機会が非常に増えています。これまで「副業をやりたい」と話していたような友人たちが、ついに副業を始めたからでしょうか、次は投資に関心を持ち始めている気がする。肌で感じるのです。

投資家バー

投資家バーは4階に

初心者に超朗報。「投資家バー」とは?

 しかし、その後実際に投資を始めた人はほとんどいません。皆、まずは何をすればいいのか、一歩目がわからないみたいです。

 確かに、一言で投資といってもジャンルは幅広く、選べる商品は無数。また難しい用語や、怪しい話も多い。そんな初心者に超朗報。投資情報を学べる「投資家バー」が密かに人気を集めていると聞き、どんな場所なのか調査してみることにしました。

 今回潜入したのは、銀座にある投資家バー、「STOCK PICKERS (ストックピッカーズ)」さん(@stockpickersbar)です。今年の3月にオープンしたこのバーは、クラウドファンディングにより誕生しました。ワクワクして赴いたものの、のっけからなかなか少々入りにくい雰囲気。

投資家バー

投資家バーの入り口

 このドア、開けるのにはちょっと勇気がいります。意を決して飛び込むと、広くて綺麗なバーが広がっていました。カウンターだけでなくテーブル席も充実しており、感染対策もバッチリ。入り口とのギャップよ。

カクテルの名前は「リーマンショック」?

投資家バー

広くて綺麗なバーが広がっていた

 メニューの多くには、投資にまつわる名前が付けてあり、ユーモアが効いています。

「リーマンショック」、そして投資の神様「ウォーレンバフェット」のように、投資に関する言葉からインスパイアされたカクテルで、そしてメニュー表には用語解説も。リーマンショックは「テキーラとウォッカの強烈なカクテル」とのこと。とっつきにくい投資用語も喉と頭にすっと入ってきますね。

投資家バー

リーマンショック(左)と、ウォーレンバフェット

 フードも、テンバガー(株価が10倍に値上がりした銘柄のこと)とか、カモとか、売り豚(空売りしている人のこと。軽い皮肉)とか、クセ強めでくすぐってきます。カモになりたくねー。でも美味しくいただきました…。

投資家バー

テンバガー(650円)

投資家バー

うりぶたのソーセージ(1,050円)

投資家バー

カモ肉ロースト

おすすめ記事