明石家さんまとの共演で衝撃。“相棒俳優”山西惇が語る、人生の分岐点「天才ってこの人のこと」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

明石家さんまとの共演で衝撃。“相棒俳優”山西惇が語る、人生の分岐点「天才ってこの人のこと」

 ドラマ『相棒』シリーズの角田課長役でおなじみの俳優・山西惇さん@8024atc、58歳)。最近では、京都大学卒の知識と教養を生かして、クイズ番組『Qさま!!』などバラエティー番組にも活躍の場を広げています。

山西惇

山西惇さん

 学生時代には関西の人気劇団「そとばこまち」に在籍し、辰巳琢郎さん、生瀬勝久さんらと知遇を得ます。しかし、大学卒業後、一度は就職してサラリーマンに。インタビュー前編では、そこから現在に至るまでのキャリアを聞きましたが、後編では人気ドラマの撮影裏話などを聞きました。前後編のインタビューの後編です。

『相棒』の現場は『相棒』でしかない

――『相棒』の撮影現場の雰囲気、どんな感じなのか気になります。

山西惇(以下、山西):あらためて考えると難しいですね(笑)。うーん、なんて言うのかなあ。『相棒』の現場は『相棒』でしかないんですよ。他の撮影現場に入ると「ああ、ドラマってこうやって撮るんだ」なんて新鮮に感じたりもしますから(笑)。そのくらい、『相棒』はちょっと独特。

――詳しく伺いたいです!

山西:まず、カット数が他作品と比べると圧倒的に少ないです。あとは、基本的にお芝居する回数も少ないですよね。撮影時に同じシーンを何度も撮り直さない。

20年で培った信頼関係

山西惇

――ああ! それは20年間で培った信頼関係があるからですよね。

山西:それは本当にそう思います。カメラや照明、音響等の技術スタッフさんもツーカーなので、誰がどう動けば監督が欲しい画(え)を撮れるか一瞬でシェアし合える現場ですね。

おすすめ記事