bizSPA!フレッシュ

月5万円も狙える副業「孤独LINEトーク代行」 一人暮らしOLとの会話に記者も挑戦

マネー

 新型コロナウイルスは給与までも蝕み、在宅勤務導入により「残業代」が消えた家庭も……。収入の補塡は必須だが、外出は自粛したいところ。そこでステイホームを維持しながら稼げる最新の副収入をリサーチ&実践した!

スマホ

※画像はイメージです

在宅完結型の新たな代行サービスが需要大

 冠婚葬祭の出席や謝罪など代行サービス系の副業は、過去にも知る人ぞ知る高単価案件だった。そして緊急事態宣言下において、急速に需要を伸ばしている在宅完結型の新たな代行サービスがある。

 業界最大手「ファミリーロマンス」が手がける「おやすみんみんコール」だ。同社代表取締役の石井裕一氏は、その内容をこう語る。

「スタッフは友達や恋人、ときにアニメキャラになりきって依頼者が寝落ちするまで通話します。寂しさを紛らわせたい女性の利用者も多く、特にイケボ(イケメンボイス)は人気。月5万円以上を稼ぐスタッフもいますよ

LINEを30分間するだけで1500円をGET!

副業

1時間程度のオンラインでの研修を経て、実践に入る。「声には自信がある、というサラリーマンの登録者も少なくない」(石井氏)とか

 そして、同社のサービスで通話と並んで見逃せないのが「孤独LINEトーク代行」だという。音声ではなくLINEでやり取りをする同サービス、利用者は30分で3000円を支払い、その半分が代行の収益になる。記者も運営側の許可を得て、挑戦した。

副業

「LINEはなるべく即レスが基本。ラリーがあるほうが友達感覚でハマってくれる」と石井氏

 依頼者は20代後半の一人暮らしのOLで「外出自粛で誰にも会えないので、癒やし系のお兄さんキャラで励ましてほしい」という。キャリアへの不安や上司へのグチを漏らす依頼者に対し、アドバイスしたくなる気持ちを抑え、共感と励ましに徹すること小一時間。

「安心したら眠くなっちゃった……」という言葉を最後にLINEは途絶えた。無事に寝落ちしたのだろう。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

ハッシュタグ

おすすめ記事