bizSPA!フレッシュ

コロナで眠ってる「スーツの寿命」を延ばすコツ。黄ばみ、カビが発生する前に

 リモートワークの浸透は我々の生活を大きく変えました。それはビジネスマンの服装についても言えることで、今まで通勤で着ていたスーツやジャケットの多くが、タンスやクローゼットに眠っているのではないでしょうか。

リモートワーク

画像はイメージです(以下同じ)

 のべ4650人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)の著者が意外と知られていない「ビジネスウェアのお手入れ」を紹介します。

厚みがあるハンガーを活用しよう

 着用頻度が下がることで、実はこれまで以上に保管やメンテナンスの重要度が増すのです。クリーニングから返ってきたばかりのスーツを、ビニールがついたたまま掛けておくのは、通気性が悪くカビの原因になりやすい……という話もあります。正しい手入れの方法をしっかり身につけていなければ、大切なスーツの寿命が短くなってしまいます。

  そこで、普段何気なく使っているであろう「ハンガー」を見直してみたいところです。

 自粛の影響から、スーツやジャケットをクローゼットに入れっぱなしにする期間も長引いていると思います。肩に厚みのないハンガーは「スーツの型崩れ」の原因になりますので、厚みが3センチ以上あるジャケット用ハンガーを活用すれば、正しい型をしっかりと維持することができます

詰め込みすぎるとシワが…

クローゼット

 また、洋服同士の間隔も改めて見直しましょう。詰め込み過ぎたクローゼットでは、スーツに取れにくいシワがつくからです。これを防ぐにはハンガー同士の間隔が7~10センチ程度になるよう心掛けます

 ただし、必然的に収納キャパシティーが減ってしまい、その結果、クローゼットに収まらない洋服も出てくるかもしれません。この際、整理・処分も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

12

おすすめ記事