bizSPA!フレッシュ

不動産屋で「のっけ」と聞こえてきたらアウト!? 不動産業の業界ウラ用語

コラム

 ビジネスシーンに限らず、一人暮らしをする時やマイホーム購入など、不動産取引は人生に付いて回ります。

 知っていると自慢できる、不動産業界の業界用語をチェックしていきましょう!

Q.「のっけ」って何のこと?

 部屋探しに、不動産屋へ。不動産営業マンの電話が聞こえてきて……。

「のっけOKですか?」

 不動産屋さん、さっきから何の話してるんだろう?

のっけ

A.正規の賃料に仲介業者の取り分を上乗せすること

 仲介業者は「賃料の1か月分までを仲介手数料として請求できる」と宅建法で定められています。

 仲介業者によっては「仲介手数料は賃料の30%しかいただきません」ということをセールスポイントにしている会社もあります。仲介業者が仲介手数以外で利益を増やす方法として「のっけ」があります。

 賃料に、仲介手数料以外の名目で金額を上乗せし、その差額を利益にするのです

 例えば「1か月の賃料が6万円、敷金・礼金0」の物件を「敷金0、礼金1か月分」として契約すれば、仲介手数料に加え、6万円が利益になります。

「のっけ」に違法性はないのですが、借り手としてはそんな業者は避けたいですよね。

 対策としては、借りたい物件があれば、契約する前に複数の不動産業者のHPをチェックするのがおすすめです。他の業者では賃料が安くなっていたら「のっけ」られている可能性が大

 その情報を元に業者に交渉をしたり、仲介業者を考え直した方がいいかもしれません。

12