bizSPA!フレッシュ

ヨソ者NGの飲食店に、客が「ネットに晒す」と大モメした結果

 7月下旬から始まったGO TOキャンペーンですが、当初は東京が対象外だったことも影響し、利用者はそれほど多くありませんでした。そんななか旅行に出かけた人に会うと、「飲食店に『地元の方以外入店お断り』という貼り紙があって食事ができなかった」という話を複数の人から聞きます。

ドライブ

画像はイメージです(以下同じ)

“ヨソ者利用NG”の食堂だった

 8月上旬に彼女と北海道旅行に出かけた大学生の南田俊平さん(仮名・21歳)も、昼食を取ろうと立ち寄った食堂が、不運にもヨソ者NGのお店だったといいます。

「前日泊まっていた温泉地から次の目的地に向かう途中だったんですけど、食事できるような場所がなかなか見当たらず、ようやく見つけた一軒の食堂でご飯を食べようとしたんです。

 そしたらお店の方に『すみません……』と申し訳なさそうな感じで謝られ、『地元の方以外入店をお断りしている』と言われてしまって。まあ、店内感染でも起こしたら一大事ですし、自衛策として敏感になってしまうのは仕方のないことです。それでお店の駐車場に停めてあったレンタカーに戻ろうとしたんです」

 すると、ちょうどそのタイミングで、南田さんよりは少し年上だと思われる3人組の少しガラの悪そうな男性たちがお店に入ってきます。ですが、彼らも地元客ではなかったのでお店の人は食事をお断りしている旨を説明します。

段々と不穏な雰囲気に…

goto

 そのことについては男性客たちも理解を示してしましたが、「近くに代わりに食事ができる店はありませんか?」と尋ねたそうです。

 これに対して店員は「この辺のお店は地元の方以外お断りになっていると思いますが……」と回答。しかし、男性グループの1人は納得いかない表情で「だから、食事できないところではなく、ご飯が食べられる店はどこかですかと聞いているんです」と言いました。

「それでも店員は『ちょっとわかりません……』の一点張りで、男性たちは明らかにイライラしている様子でした。それでも丁寧な口調で『入店お断りはお店の方針だから仕方ないとしても他のお店の情報を教えてくれたっていいじゃないですか』と抗議していました。ですが、店員もイラついていたのか彼らを無視するような態度を取ったんです

12

おすすめ記事