bizSPA!フレッシュ

「また恋愛の話?」惚れっぽい同僚男子が面倒すぎてLINEで注意した話

 職場内での恋愛は珍しいことではありませんし、それで結婚している人も多くいます。もちろんそれ自体が悪いことではないですが、中には恋愛を1番にしてしまう人もいるようで……。

職場

※イメージです

 今回は、職場で恋愛ばかりしようとする同僚のせいで、面倒な思いをした男性のエピソードをご紹介します。

恋多き同僚にアドバイス

 女性向けのスマホグッズなどを企画販売する会社で人事部に所属する落合正巳さん(仮名・28歳)は、企画部に所属するAさんと同期で友人としても仲良くしていました。そんなAさんは、よく落合さんにある相談をしてくるのでした。

「Aは良く言えば恋多き男。悪く言えば気が多くて目移りしやすい、そんなやつです。だから職場の女性を好きになっては相談され、玉砕しては相談されと、恋愛系の話をLINEでも、飲みに行っても頻繁にしてきていました

恋愛

 職場の女性をすぐに恋愛対象として見てしまうAさんは、フラられることも多く、一部の女性からはあまりいい印象を持たれていないことを落合さんは知っていました。

 しかし、友人としては好きな相手だったので、これ以上女性からの印象を悪くさせないよう言動のアドバイスなどをしていたそうです。

女性社員の入社にすぐ惚れてしまう

 あるとき落合さんの会社には、中途採用で数名の社員が入社してきました。それと同時期に行われた人事異動の関係で、Aさんがいる企画部に4名の女性が配属されることになったのです。

 女性向けの商品を企画していることもあり、もともと女性の多い部署だった企画部は、今まで以上に女性の割合が多くなりました。

 そこでAさんは早速、惚れっぽさを発揮。落合さんにLINEで「〇〇さんが可愛い」「〇〇さんとデートしたい」などと言い、落合さんはあまり先走った行動をしないようにと、言い聞かせていたそうです

恋愛

「Aの悪いところは、好きだと思ったらすぐに極端な行動をしてしまうところなんです。大して話したこともないのに突然デートに誘うとか、数回一緒にランチしただけで告白するとか。だから4人の女性にもそういう行動をしてしまうんじゃないかって心配で」

12

おすすめ記事