bizSPA!フレッシュ

格安SIM、楽天モバイルとUQモバイル。乗り換えるならどっちが正解?

ガジェット

 サービス過多な時代において、少しでもお得なサービスを賢く選択することが利用者にも求められている。そこで今回は各分野のトップ2を徹底比較。withコロナに適応した、最新サービスの選び方をその道のプロが伝授し、最強を決めた!

SIM交換

※イメージです

楽天モバイル VS UQモバイル乗り換えるならどっち?

 4月8日から開始した楽天モバイルは、1年間0円でネット使い放題プランを実施。価格面で、格安スマホのトップを突っ走る。その対抗馬が、CMでもお馴染みのUQモバイルだ。ITジャーナリストの石川温氏は、選び方のポイントを次のように語る。

「独自回線となった楽天モバイルですが、まだ通信が安定していないのでは、という懸念があります。都内は通じますが、基地局が少ないので、災害の際は不安が生じやすいでしょう。また大手キャリアに比べ店舗が少なく、故障の際のリスクも大きい。でも他社との通信も無料と激安なので、とにかく安く抑えたい、あるいは新しいもの好きの人にはおすすめです」

 一方、UQモバイルは3GBで月額1980円(通話料別)。他社との通話はかけ放題プランなどのオプションで実現する。

1台だけ持つならUQモバイル

「KDDIのサブブランドなので、つながりやすさに関しては問題がない。仕事などでスマホを利用する人は別として、電話もネットも一般的な使用量の人は十分満足できるでしょう」

 自社回線が安定しない楽天モバイルは仕事などでも使いにくい。2台目として持つならアリだが、1台のみならUQモバイルだ。

賢く生きる[情強サービス]決勝戦

▼価格だけで見るなら、楽天モバイル一強。回線の安定性なら、UQモバイルが圧倒

【石川温】
ITジャーナリスト。『日経TRENDY』編集記者を経て独立。国内外のモバイル業界を取材する。近著に『未来IT図解これからの5Gビジネス』がある

※8/25追記)図版の一部を修正いたしました

<取材・文/週刊SPA!編集部>

おすすめ記事