bizSPA!フレッシュ

110円で解決。Zoom会議の「バーチャル背景機能」を誰でも使うには

ガジェット

 Zoomで自分の部屋を見せたくないけれど、バーチャル背景を使おうとすると、メッセージが表示されて有効化できない。そんなときに、材料費110円で解決する方法がある。今回は100円ショップの模造紙で「グリーンスクリーン」を作る手順を紹介しよう

リモート

画像はイメージです

バーチャル背景が使えないのはどんなPC?

 Zoomのバーチャル背景は、プロセッサー(CPU)が第6世代の「Intel i5」以降のPCであれば、設定画面で背景にしたい画像を選択するだけで利用できる。

 しかし、低価格PCの場合、この条件を満たしていないためにバーチャル背景を使えない機種も少なくない。その場合、Zoomの設定画面でバーチャル背景を選択しようとすると「コンピュータが要件を満たしていません」というメッセージが表示されてしまう。

greenscreen_01

低スペックPCの場合、そのままではバーチャル背景を使うことができない

 筆者が2年前に5万円程度で購入したノートPCもこれに該当する。プロセッサーは「AMD A9」という低価格PC向けのものが搭載されており、バーチャル背景を使おうとすると、「コンピュータが要件を満たしていません」のメッセージが現れる。

greenscreen_02

プロセッサーのモデルは、Windowsの設定内にある「システム」→「バージョン情報」から確認できる

 そのような場合でも、あきらめる必要はない。「グリーンスクリーン」や「グリーンバック」と呼ばれる緑色の布を背後に設置すれば、多くのPCでバーチャル背景の利用が可能になる。

 グリーンスクリーンはネット通販で購入できるが、安いものでも1000円以上はする。ただの布にそこまでの出費はしたくないと考える人におすすめなのが、100円ショップの模造紙で代用する方法だ。

ハッシュタグ

おすすめ記事