bizSPA!フレッシュ

完全ノンアルコールバーを女性記者が体験ルポ…何を楽しむのか

 2020年7月、六本木に日本初の完全ノンアルコールバー「0%」がオープンしました。コンセプトは「宇宙できた最初のバー」で、中はまさに宇宙空間。

_P1A9185

いざ「0%」へ!道行く人たちも気になって店内を覗き込んでいました

 ノンアルカクテルから体験型メニューまで、“飲まなくても酔える”ノンアルコールバーとなっています。

 今回、店に足を運び「お酒好きでも楽しめる?」「アルコールは一切ないの?」「ジュースとノンアルカクテルの違いは?」など、気になる部分をチェックしてきました!

“飲まなくても酔える”ノンアルコールバーとは

 0%のプロデューサー山本麻友美さんは、お酒が強くなく、バーなどで飲めるものが少ないことに寂しさを感じていたそう。

「ロンドンやニューヨークには、お洒落なノンアルバーやノンアルスピリッツがある」「日本にも、お酒が苦手でも楽しめる場所があったらいいのに」という想いのもと、山本さんはノンアルコールバー「0%」をオープンしました。

_P1A9150

カウンター正面にある湾曲したミラーには六本木の街が映り込み、視覚的にも酔っ払った感覚が味わえるとか

 メニューには、世界のバーからトップ50を決める「The World’s 50 Best Bars」(イギリスのWilliam Reed Business Media主催)に3店舗がランクインする「SG Group」の後閑信吾さんが関わったカクテルや、オリジナルレシピの「自家製生コーラ」があったりと、本格的。

・お酒が飲めないから、一緒に食事をする人に気を使ってしまう
・飲むと顔が赤くなって恥ずかしい…
・お酒が苦手だけどバーに行ってみたい

 など、お酒が苦手な人をはじめ、お酒を控えたい人、妊娠・授乳中の人、すべての人におすすめのバーです。また、アルコール類は置いていないので、完全なノンアルコールバーとなっています。

男女問わず大人気!絶対外さないカクテル

 今回、実際に著者が飲んだノンアルコールカクテルを3種類ご紹介します。「A Real Pleasure ゼロ(0)になる」は、店を代表する人気カクテルです。日本ではまだ馴染みのない「ヴェチバー」(スモーキーで土のような独特の香りを持つ、アジア原産の多年草。アロマとしても活用)や、バジルやフルーツが入っており、個性的かつ爽やかな一杯となっています。

_P1A8992

■ A Real Pleasure ゼロ(0)になる 1500円(税別、以下同じ)

_P1A9053

ヴェチバーの香りが鼻に抜ける、爽やかなカクテルでした

 思わず「美味い〜ッ!」と声に出してしまったこのカクテルは、男性にも人気があります。筆者は、取材当日と別日の合計2回、ノンアルコールバー「0%」に行ったのですが、このカクテルを楽しんでいる男性を複数見かけました。

 男性1人の来店で、男性3人組で、カップルで……。1人でも来店もしやすいのは嬉しいですよね

ハッシュタグ

おすすめ記事