bizSPA!フレッシュ

月100万稼ぐ人も…副業で「オンライン占い師」を始めた人の声

マネー

 コロナウイルスの影響で収入減、ボーナス減に悩まされている人も多いだろう。世界恐慌の足音すら聞こえ始めた今、1円でもお金が欲しいと思うのが正直なところだ。そこで即金性の高い副業を多角的に大調査。その実態を探った!

副業

※画像はイメージです

オンライン占いは修業次第で収入増!

「不況時は占い需要が高まるので、今回のコロナでまた占いブームが来るかも」と語るのは、占い師歴3年のT橋さん(41歳)。コロナ禍の中でも本業の合間を縫い、オンラインや電話での占いに応じている。

「最初は、占い鑑定を販売できるサイト『ココナラ』で、1件500円から鑑定をスタート。その後、修業を経て客を増やし、現在は1件5000円で鑑定しています。でも、私なんてまだまだ。すごい人だと、副業でも1か月100万円稼ぐことがあるようです

即(金)副業BEST32

タロット占いをするというT橋さん。「言葉のやり取りだけではなく、画面越しで占っている姿が見えるほうが成果も出ている気がします」

 報酬はピンキリだが、努力次第で高報酬も夢ではない。

女性向けデザインの手作りマスク販売

「マスク不足の4月にnoteで『マスクの作り方』を投稿したら、製作の依頼がきたんです」

 そう話すのは、5月頭からネットショップサービスの「BASE」を使って、手作りマスクを販売しているカフェ店員のK平さん(25歳)。マスク販売としては、かなり遅いスタートだったのにもかかわらず、1週間で約6000円も売り上げたとか。

副業

シンプルなデザインのマスクが2種類。リネン素材は洗っても乾きやすく衛生的に使える。okjhat.thebase.in/

「本業の傍ら服飾の勉強もしていて、その知識や技術を生かして、丁寧に作っています。特に市販のマスクはムレやすくて、肌トラブルの原因になりやすい。そこで僕は、夏の時季にも使えるようにリネン素材を使ったり、縫製する前に一度水通しをして強度を高めています」

 販売価格は1100円で原価は300円。手数料を引いたら、1枚600円程度の利益だ。

「すでに市販のマスクは飽和気味なので、デザイン面と機能性を求める女性をターゲットにしています。SNSで宣伝して徐々にファンや口コミの数が増えているので、今月は2万円ぐらいの売り上げになりそうです」

 新しい生活様式にマスクは不可欠だが、市場は飽和気味。他とは違った付加価値をつけて販売することが求められる。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

おすすめ記事