bizSPA!フレッシュ

最新「iOS 13.4.1」がリリース。アップデート時の注意と修正点は?

ガジェット

 アップルは4月8日(米国時間4月7日)に、「iOS 13.4.1」および「iPadOS 13.4.1」のアップデートを公開しました。3月25日に「iOS 13.4」がリリースされてからちょうど2週間後のアップデートです。

iphone

※画像はイメージです(以下、同じ)

 アップデートがまだという人のために、iOS 13.4.1の内容をご紹介します。なお、iOS 13.4.1はiPhone6s以降に、iPadOS 13.4はiPad Air2以降、iPad Proの全世代、iPadの第5世代以降、iPad mini4以降に対応しています。

「iOS 13.4.1」の主なアップデート内容は?

 今回のアップデートでは、iOS 13.4.1、iPadOS 13.4.1ともに、新機能の実装はなく、バグの修正やパフォーマンスの向上など、マイナーアップデートとなっています。

 まずは、iOS 13.4.1のリリースノートから紹介します。

iOS 13.4.1の主なアップデート内容

・iOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan10.11.6以前を搭載したデバイスとのFaceTime通話にiOS 13.4を搭載したデバイスから参加できない問題を修正

・ホーム画面で”設定” AppのクイックアクションメニューからBluetoothを選択しても反映されないバグに対処

「iPadOS 13.4.1」の主なアップデート内容は?

iphone

 次に、iPadOS13.4.1のリリースノートを紹介します。

iPadOS13.4.1の主なアップデート内容

・iOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前のOSを搭載したデバイスとのFaceTime通話に、iPadOS 13.4を搭載したデバイスから参加できない問題を修正

・12.9インチiPad Pro(第4世代)および11インチiPad Pro(第2世代)のコントロールセンターまたはロック画面で、フラッシュライトボタンをタップしても点灯しないことがある問題に対処

・ホーム画面で“設定”AppのクイックアクションメニューからBluetoothを選択しても反映されないバグに対処

12

ハッシュタグ

おすすめ記事