「宅ふぁいる便」の提供が終了。結局、個人情報流出はどう防ぐべきか? | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「宅ふぁいる便」の提供が終了。結局、個人情報流出はどう防ぐべきか?

ガジェット

大手のクラウドサービスも検討しよう

仕事する女性

「宅ふぁいる便」を代替するサービスはたくさんある。1番良いのは自社専用のサーバーを使うことだが、用意できないケースもあるだろう。そこで候補に挙がるのが、無料かごく安価で利用できるクラウドサービスだ。

 大手IT企業が運営している「Google Drive」や「Microsoft OneDrive」といったオンラインストレージは、アカウントを作成することで、個人用スペースとして利用できる。同系サービスの代表格といえる「Dropbox」や、Apple製品と相性の良い「iCloud」も有力な選択肢になる。

 これらのオンラインストレージはすべてファイル共有機能を有しており、同僚や取引先とのファイル共有が可能。ただしどのサービスも、無料で使えるサーバー容量には上限がある。どうしても「無料」「無制限」にこだわるなら、「宅ふぁいる便」式のオンラインストレージをその都度利用する必要があるだろう。

「宅ふぁいる便」の代替候補

「宅ふぁいる便」の役目をそっくりそのまま代替できるのが、「GigaFile便」や「ネット便」、「Firestorage」などだ。これらのサービスでは「宅ふぁいる便」同様に、すべての作業がブラウザ上での操作で完結する。したがって、わざわざアカウントを登録したり、双方でソフトをインストールしたりする手間を省くことができる。

 こうしたアカウント不要のオンラインストレージの場合、各社とも「大容量」や「高速転送」などをウリにしているが、それ以外には個性を出しづらいのが実情である。

「どれを使っても大差ない」と言ってしまえばそれまでなのだが、個人情報流出事件があったのも事実なわけで、セキュリティ面で比較検討のうえ各自で選ぶべきだと付言しておこう。

おすすめ記事