bizSPA!フレッシュ

元巨人投手から“タマネギ農家”に転身「売れずに10トン廃棄したことも」

ビジネス

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、無観客試合で行われたプロ野球のオープン戦が終了した。開幕の日程が決まらないなど異例づくめだが、活躍が期待される注目ルーキーも複数現れた。

野球場

※画像はイメージです

 毎年、ドラフト会議を経て約100人の新人選手が誕生する。しかし、その裏では、ほぼ同数の選手が戦力外となってひっそりと球界を去っている。そして、一般人となった彼らの “第二の人生”に思いを馳せる人は少ない。

変化するプロ野球選手のセカンドキャリア

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)では、2011年から現役若手選手に「セカンドキャリアに関するアンケート」を行っている。その調査結果に、近年大きな変化が起きた。

 2017年までは引退後に「やってみたい仕事」の1位は「高校野球指導者」(2012年は2位。1位は「プロ野球指導者」)だったが、2018年は「一般企業会社員」、2019年は「会社経営者」が初めて1位を獲得した。

 その一方で、引退後の進路について「考えていない」は4割を占め、「回答なし」も含めると過半数の選手がセカンドキャリアを思い描けていない現実がある。

元アスリートは会社員に向いている

河野博文さん

現在は無農薬タマネギの生産販売に従事する河野博文さん

 1985年から2000年まで日本ハム、巨人、ロッテで投手として活躍し、現在は有機栽培の農産物を生産販売する株式会社げんちゃん代表取締役の河野博文さん(57)は、意外にも「ビジネスでも活躍できる素質を持っている元プロ野球選手は多い。会社員はセカンドキャリアとして全然ありだと思います」と断言する。

「学生時代から野球に打ち込み、先輩・後輩の関係性の中で育ってきているので、礼儀作法がしっかりと身についている。これは野球に限らず、アスリート全般に言えることだと思います。結局はビジネスにおいても、きちんと挨拶ができるかどうかが一番大事なんですよ」

おすすめ記事