bizSPA!フレッシュ

球団は「前代未聞だ」。22歳の中日選手が1年で引退した理由

キャリア

 かつては「転職するなら、とりあえず3年働いてから」と言われたものだが、現在では早々に会社の将来に見切りをつけ、新たな道を歩む若者は珍しくない。

転職

※画像はイメージです

 それが旧態依然とした会社やブラック企業なら、なおさらだ。こうした価値観の変化はビジネスの世界だけでなく、プロ野球界でも起きている。

「前代未聞」と言われた

呉屋さん

呉屋開斗さん

 元中日ドラゴンズ投手の呉屋開斗さん(22歳)もその一人だ。八戸学院光星高校のエースとして活躍し、2014年春夏、15年春と3季連続で甲子園に出場。15年のドラフト会議で中日から育成枠で5位指名された。しかし、ケガや故障があったわけでもないのに、指名から1年も経たずに自らの意志で退団してしまった。

「戦力外通告された形になっていますが、16年夏に自分から『退団したい』と球団社長に直接電話をかけて伝えました。育成とはいえ、入団すればプロとして扱われますし、基本的に3年間は面倒を見てもらえます。それなのに自分から辞めるなんて『前代未聞だ』って言われました。周囲には事後報告だったので、親や高校の監督、担当スカウトからも激怒されました」

 退団を決意するまでに一体何があったのか。ボタンの掛け違いは入団前からあった。

「高校の監督の勧めでプロ志望届を一応出していたのですが、大学に進学して、しっかりと実力をつけてからプロを目指すつもりでした。指名されるなんて想像していなかったので、ドラフト会議当日はジャージ姿で、のん気に学食でご飯を食べていました。すると、『今すぐ制服に着替えろ』と言われ、まさかの指名を受けたんです。本当にびっくり仰天でした」

おすすめ記事