bizSPA!フレッシュ

花粉症?“寝起きの鼻づまりを”、一発で解消する方法を医師に聞く

 花粉症による鼻づまりは、寝つきが悪くなったり、しゃべりづらかったり、何かとツラいですよね。

鼻水 花粉症

※画像はイメージです(以下、同じ)

 そんな人に、「今すぐできる鼻づまりの解消法3つ」「やってはいけない鼻水の止め方」「花粉症と風邪の症状の違い」「正しいマスクの選び方・装着法」を、ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック・永倉仁史院長に聞きました(以下、永倉氏による解説)。

モーニングアタックとは?予防法は…

 朝起きた瞬間からくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が起こること、ありませんか? これはモーニングアタックといい、睡眠モードから活動モードに切り替わるときに起こる「自律神経のゆらぎ」が原因で引き起こされます。

 自律神経とは内臓や血圧などの働きを司る神経で、「交感神経」と「副交感神経」の2種類から成り立っています。休息中やリラックスしているとき、特に睡眠中に活発になるのが副交感神経。日中活動をしているときや、緊張、ストレスを感じたときなどに活発に働くのが交感神経です。

 モーニングアタックは、朝、目が覚め、副交感神経から交感神経にスイッチが切り替わるときに、鼻の粘膜が最も敏感な状態になってしまうため起きてしまうのです。

 モーニングアタックを防ぐには、自律神経を整えることが何よりも重要。規則正しい生活や適度な運動などを心掛けて、モーニングアタックを少しでも和らげましょう。

鼻づまり解消法① 脇の下にペットボトルを挟む

ペットボトル

 とはいえ、生活習慣の改善はすぐには難しいこと。ここからは、すぐに鼻づまり症状を和らげたいときにできる方法を3つ紹介します。

 まずは脇の下にペットボトルを挟む方法。ペットボトルはどんなものでも構いません。左の鼻が詰まったら右の脇の下、右の鼻が詰まったら左の脇の下に挟みます。あら不思議、鼻の通りが良くなっていませんか?

 これは交感神経の影響によるもの。交感神経が優位になると、鼻の血管が収縮して通りが良くなるのです。

 また、寝る向きで改善させる方法もあります。左の鼻が詰まったら右側、右の鼻が詰まったら左側を下にして寝てみてください。すると鼻の通りが良くなるはずです。

鼻づまり解消法② ホットタオルで温める

 次に、ホットタオルで温める方法。「鼻づまりは炎症だから冷やす」というのは大きな間違い。鼻を温めて血行を良くし、うっ血をとることで鼻づまりを改善します。

 ホットタオルの作り方は、フェイスタオルを濡らして十分に絞った後、電子レンジで気持ちが良いと感じる程度に温めればOKです。

おすすめ記事