腰痛を治すなら「接骨院と整体院」どっち?そもそも何が違うか | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

腰痛を治すなら「接骨院と整体院」どっち?そもそも何が違うか

 デスクワークには腰痛がつきもの。日本人の国民病ともいえる腰痛ですが、その改善のためには様々な場所があります。今回は腰痛に対して接骨院や鍼灸院について簡単にご説明していきます。

腰痛

※イメージです

接骨院や鍼灸院はどんなところ?

 腰痛になったら駆け込むところはいくつもあって、それぞれの違いがイマイチわからないこともあると思います。病院と呼ばれる場所で腰痛を診てもらった場合、基本的には整形外科にかかります。

 しかし、日本には接骨院(整骨院)や鍼灸院と呼ばれる治療院が存在し、ここでも腰痛改善のための施術を受けられます。これらの共通点は「健康保険」が使えることです。

 日本には保険適用で治療を受けられる場所が病院(クリニック)、歯科医院、接骨院、鍼灸院とあります。これらは国家資格を取得した人による治療行為が行われる場所であり、それぞれの国家資格を持ったプロフェッショナルによる治療だからこそ保険が適用されます。

 これとは別に「整体院」と呼ばれる場所がありますが、これは国家資格がなくともお店を持つことができます。そのため、絶対に保険適用できないという点と、国家試験という共通した関門をくぐっていないため実力、知識、経験値がバラバラであるという点に注意が必要です。

 長年カリスマとしてやられている整体師だと医師でも舌を巻くほどの人もいますし、逆に法律上無資格でも始めることができるため専門の養成校などで勉強をしていなくとも施術を行う人もいます。

 整形外科以外で腰痛治療を行う接骨院、鍼灸院だと国家資格を持った先生によって保険適用で治療がおこなわれているのに対し、整体院だと腕や経験のある先生とそうでない先生で大きな振り幅があると思えば、間違いないでしょう。

12

おすすめ記事