bizSPA!フレッシュ

西友の商品陳列が話題に…なぜ無造作なのか。広報に聞いてみた

ビジネス

 スーパーマーケットの「西友」が、カップ麺やお菓子をバスケットの中で無造作に商品陳列をしている様子がSNSで拡散され、話題になっています。

西友

※画像は西友公式サイトより(以下同じ)

 ネットでは「西友さすがすぎるよなやっぱり 客が何を欲してるかがよく分かってる証拠」「見た目より庶民が大事なのは値段」「スーパーで働いています、綺麗に並べろと言われますが西友に賛成」などと称賛の声が寄せられています。

 今回は西友の広報である遠山晴子さんに、この陳列方法について聞いてみました。

バスケット陳列を導入した理由とは

西友

西友花小金井店の外観 CC BY 3.0(撮影/第四京浜)

 様々な方向に商品を積み重ねて置くことを“バスケット陳列”と呼ぶそうです。西友が“バスケット陳列”を始めた理由を、広報の遠山さんは「1度にまとめて商品を並べるほうが作業時間が短くなり、当然効率が上がるため」と回答。

 一般的にスーパーマーケットやコンビニエンスストアの商品陳列は、お客さん目線での整然とした見栄えを重視する印象がありますが、西友の“バスケット陳列”は、ある意味、従業員目線の陳列方法といえます。

 遠山さん曰く「お客様からすれば、“バスケット陳列”でも、きれいに1個1個並んでいても、あまり変わりはないと思います」とのこと。

 またSNSでの反響について聞いてみると、「ありがとうございます。かなり前からはじめた陳列方法ですが、物珍しかったんですかね。恐らくどの店舗でもこの陳列方法ですので、引き続きご愛顧の程よろしくお願いいたします」(同)

12

おすすめ記事

奥村シンゴは他にもこんな記事を書いています