マスクの再使用はダメ?正しい使い方をメーカーに聞いてみた | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

マスクの再使用はダメ?正しい使い方をメーカーに聞いてみた

 新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっており、感染者数は日に日に増える一方で、さらなる感染拡大が懸念されます。

マスクをする女性

 そこで今回は「ソフトーク超立体マスク」や「超快適マスク」を販売する衛生用品メーカー、ユニ・チャームの広報の芳賀麻里奈さんにコロナウイルスにふさわしいマスク選びや装着方法を聞きました。

コロナウイルスにふさわしいマスク

 マスクには代表的なものに「N95マスク」と「サージカルマスク」の2種類があります。

「N95マスク」は、米国労働安全衛生研究所(NIOSH)の規格に合格したマスクのことです。「95」の由来は、直径0.3マイクロメートルの粒子を95%以上除去する効率があるため。別名「防じんマスク」と呼ばれています。

「サージカルマスク」は、コンビニやドラッグストアで売られている一般的なマスクで、唾液や飛沫を飛散させないことを目的としています。

 芳賀さんによれば、「コロナウイルスは飛沫感染と接触感染が原因と言われているので、サージカルマスクも予防に効果的です」とのこと。

 つまり「N95」のような高性能マスクでなくても、コロナウイルスの予防は販売されているマスクを装着すれば、一定の予防効果が望めるようです。

12

おすすめ記事