bizSPA!フレッシュ

デキ婚して実家に帰ったら…深刻な“嫁 vs 兄”問題に悩まされることに

 若いうちに結婚する2人は、経済的な問題で自立できず、どちらかの実家に入って暮らすというのはよくある話です。

和装結婚

※画像はイメージです(以下同じ)

 しかし、長年一緒に生きてきた家族の中に他人が入り込むのは、想像するよりも大変なこと。そんな事情から生まれる嫁姑問題もよく聞きますが、結婚相手の兄弟と折り合いがつかない事例もあります。

彼女の卒業と同時に結婚。実家で子育てすることに

 稲葉祐介さん(仮名・25歳)は大学在学中に彼女が妊娠、卒業してすぐに結婚しました。当時は満足な子育てができるようなお金は捻出しようがなく、親のすねをかじる形で、奥さんと子どもと、稲葉さんの実家に住み始めたといいます。

「同級生だった彼女が大学卒業を目前にした時期に妊娠発覚。話し合った結果、働きながら子どもを育てていくことにしましたが、嫁は子どもが大きくなるまでは働くことができません。しかしお互いに奨学金の返済もある状態でしたので、結局、僕の稼ぎだけで家族全体を養うことは無理だという話になり、子どもが大きくなって経済面が安定するまで、私の実家で暮らすことになりました。

 実家にいたのは母だけだったので、嫁と子ども、そして母との4人暮らしは当初、なんとか上手くやっていけていました。母も率先して子育てに協力してくれましたし、家計は母のパートの稼ぎにも助けてもらいながら、お金を貯めて、早く家を出ることを考えていました」

“嫁兄問題”が深刻になっていく

バンドマンの兄

 建設系の職場で働き、実家住まいで家賃を浮かせて、奨学金を返済する生活だった稲葉さん。幸い「嫁姑の不仲」もそれほどはなく、穏やかな暮らしを送っていたものの、数か月でその平穏は崩れてしまいます。

「母と嫁は、たまに衝突しながらもなんとかやってくれていたんですが……。僕たちの暮らしを壊したのは、実家に帰ってきたバンドマンの兄です。彼女と同棲していたようなのですが、『フラれたから』と、ふらりと帰ってきたんです。

 バンド活動だけでは食っていけない兄は、バーテンダーとしても働いていました。そのため、家に帰ってくるのは早朝4時。酒を飲んで酔っ払った兄がバタバタと朝帰りすると、子どもが起きてしまい、ほぼ毎日“早朝起き”に悩まされるようになりました」

12

おすすめ記事