bizSPA!フレッシュ

古い「Windows 7」まだ使ってない?無償アップデート期限が迫る

ガジェット

 Windows 7のサポート終了が迫っている。このOSの「延長サポート終了日」が、2020年1月14日。

Windows 7

※画像はイメージです(以下同じ)

 これ以降は、Windows 7にセキュリティホールなどの問題が見つかっても、原則として更新されないことになる。2009年に「新時代のOS」として鳴り物入りで登場したWindows 7が、いわば「寿命」を迎えることとなった。

 今後も最大3年間「拡張セキュリティ更新プログラム」が提供されるとしているが、これは業務などでどうしても古いOSを使い続けなければいけない事業所を主な対象としたもので、一般のユーザーが当てにするべきではない。今回は、これがどういうことなのか、簡単に説明したい。

古いWindowsを使い続けると?

 サポートが終了した古いOSを使い続けることで、ウイルスに感染したり、悪意のあるユーザーの侵入を許したりと、セキュリティ上のリスクが生じることになる。

 機械自体がうんともすんとも言わなくなるわけではないので、サポートが終了しても「パソコンが使えなくなる」という実感はないかもしれないが、備えとしては、素直にアップデートするか、最新型に買い替えておくべきだ。

 また、今後発売される各種ソフトは、Windows 7には対応しなくなっていく。したがって、古いOSで動いているパソコンは、これから段階的に「無用の長物」になっていくわけだ。

 幸いにもWindows 7の最小システム要件は、Windows 10の最小システム要件と同じである。これは、Windows 7で動いていたマシンを、そっくりそのままWindows 10に載せ替えることができることを意味する。したがって、OSだけをWindows 10に更新(アップデート)してしまえば、同じ機械を使い続けることができる。

 もっとも、快適に使用できるかどうかは別問題。Windows 7はもはや10年前の商品であり、当時「最新型」として売られていたパソコンも、今では「それなり」未満の性能でしかない。“10年選手”の努力を称えつつ、そろそろ新しいパソコンに買い換える時期だろう。

おすすめ記事