ターミネーターは現れない。AI時代を生き残る、本当に必要なキャリアは? | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ターミネーターは現れない。AI時代を生き残る、本当に必要なキャリアは?

キャリア

「何年後にこうなっていたい」というキャリアのビジョンやどう達成するかというキャリアパスは考えてもムダになります。実は今時点でも選抜された6000人のリーダーはキャリアパスを自ら設定していません。

キャリアのオプション数を増やそう!

ビジネス 業績

 キャリアは自分で描くのではなく選ばれて積み上がるものです。変にキャリアパスを設定し、その予定通りにならなければ逆に挫折を味わいます。キャリアパスではなくオプション(選択肢)をたくさん選べるようにするにはどうするか。

 自分の資質を組み合わせればいいのです。

 スポーツの世界では毎年ルールが変わることも珍しくありません。オリンピックを目指していたら対象競技から外されてしまうこともあります。スピードスケートの選手が、太ももの筋肉という資質を活かし、自転車競技に転向するように、仕事が機械化したり、社外にでたり、なくなってしまったときは、自分の資質を組み合わせ活躍できそうな仕事に「ぶっこむ」ことが正解です。

 資質は20歳くらいまでに形成される変わりにくい特徴で、資質に沿ったことなら他の人より速くラクに成果を出せるからです。詳しくは前記事(人生100年のAI時代にラクして自分らしく稼ぐシンプルな方法)を参照ください。

社外の人から「ぶっこみ」オプションを得る

「ぶっこみ先」というオプションをたくさん選べるようにするにはどうすればいいか。

 チャンスは人からやってきます。機会を待つ。調べて入る情報ではもう美味しくなくなっているのです。SNS世界なのに、Webにでるより速く美味しい情報を掴むには、社外の人と付き合いましょう。それもとびっきり突き抜けた面白い人と。ホリエモンもTwitterをやっていてひとりずつ返信してくれたりしています。

 会員になれば会員内に閉じた情報を得たり、質問にもこたえてもらえたりします。直接お会いして話をする機会も得られます。

 そう、「フラット化」する世界とはまさに学歴、仕事、身分などに関係なくフラットに繋がれる世の中で、今あなたが普通に感じている世界です。SNSなどで簡単に繋がれるからこそリアルが大事。直接会いにいく素早い行動力がある人にどんどん情報も人脈もついていくのです。

おすすめ記事