bizSPA!フレッシュ

洗脳、性被害も…私が体験した“ブラック就活塾”の最悪な実態

キャリア

 求人・転職ポータル事業と新卒向けキャリア支援事業を行っている吉田敬悟です。新卒就活・転職など“キャリア開発”に関するノウハウを伝えるこの連載。

就活 セミナー

※画像はイメージです(以下、同じ)

 今回は私が就活生時代に実際に経験した「ブラック就活塾」について言える範囲でお話します。もしかしてあの塾のことかな? と思った方はTwitterでDMをいただければ、もう少し踏み込んだお話ができるかと思いますので。

 今回お話する、私が関わってしまった「ブラック就活塾」のキーワードは「虚言」「洗脳」「性被害」です。

ブラック就活塾との出会い

 まずブラック就活塾との出会いを簡単にお話します。私が大学3年時、Twitter経由でブラック就活塾の塾長Tと会ったのが始まりです

 当日はブラック就活塾の説明会が行われているという怪しげな雑居ビルへ向かいました。確か5階か4階。エレベーターもないそのビルの一室に、ブラック就活塾は存在しました。

 いざ入ったときの感想は「意外と人が多いな……」でした。その説明会には全部で10名、また部屋の奥には30名ほどが就活指導をまさに受けているところでした。

 少しの安堵と共に着席、そのまま1時間ほどの説明会を聞きました。終わったときの感想は、率直に「すごい……」のひとこと。

 多くの就活ノウハウはもちろん、これまで世の常識とされていた就活とはまったく異なる取り組み方を提唱していたので、私はその場で入塾を決めました。と、こんな形で始まった私の就職活動ですが、当時はこの塾が「ブラック就活塾」だとは知るよしもありませんでした。

塾長の虚言が発覚

講師

 正直、最初から最後まで就活に関するノウハウは本物でした。私自身、そのおかげで成蹊大学から株式会社キーエンスに入社することもできました

 しかし、塾長Tの様子がおかしいと思うことは多々ありました。というのも、その塾長Tは当初より早稲田大学サッカー部、そして大手総合総商社「丸紅」の出身と経歴を謳っており、私もそれは信じていました。

 ただ、時折話す塾長Tの丸紅での実績や出来事がどうも嘘のように感じられたのです。言ってしまえば、塾長Tは経歴詐称をしていたわけですが、それがバレた瞬間がとにかく滑稽でした。あっさりと普段話していた丸紅での経験の内容に反するネットニュースが流れてきたのです。それは一瞬で全塾生に広まりました。

 それからは、塾長Tは説明会で元丸紅と言うことはなくなり、「元・某大手総合商社」を名乗るようになりました。「いや、嘘はやめないのかい!」と思いましたね……(笑)。今はまた別の前歴を名乗っているようですが。

 あとあと聞いたところによると、塾長Tの経歴は、実際には光通信とのことで、確かに商社っちゃ商社か? とも思いましたが……。また、早稲田もサッカー部も嘘で、本当は高卒で弁当屋でアルバイトをしていたとの噂も。その後、入社した光通信で昇格していったと言われていました(確かに営業力はすごかった)。

ハッシュタグ