bizSPA!フレッシュ

ふるさと納税よりお得?節税できる年金制度、iDeCoとは

マネー

 老後の年金が問題視されている昨今ですが、一方では様々な形の年金が利用できるようにもなってきました。

 その中でもiDeCo(個人型確定拠出年金)と呼ばれるものが注目を浴びています。iDeCoは単体でも税額控除の特典がありますが、ふるさと納税との合わせ技を使うことで、さらなる節税効果を期待できます。

年金手帳_iDeCo

※画像はイメージです

 iDeCoの仕組みを紹介した上で、ふるさと納税とiDeCoの組み合わせ方について、「ふるさと納税ナビ」編集長、内田綾子氏が解説します。

確定拠出年金とは何か

iDeCo_公式HP

iDeCo公式HPより

 iDeCoとは「個人型確定拠出年金」のことです。個人型があるということは別の「企業型確定拠出年金」というものもあります。両者の違いを説明する前に、「確定拠出年金」というものについて簡単に説明したいと思います。

 日本の年金制度は「三階建て」と言われています。

一階:国民年金。20歳以上の全国民に加入の義務がある。
二階:会社員の場合厚生年金、自営業者であれば国民年金基金。
三階:企業が独自に実施している確定給付企業年金。

 確定拠出年金はこの上にさらに設置された年金制度です。確定拠出年金の特徴は、加入者が個人の裁量と責任で、積立金を運用する金融商品を選べるというところです。そのため、運用がうまくいった場合は運用益を得ることができます。