bizSPA!フレッシュ

性犯罪の温床?中・高・大学生のSNS「ひま部」が終了へ。その危険な内情

コラム

 2019年12月31日をもって、“学生限定”のSNSアプリ「ひま部」がサービスを終了する。2015年のサービス開始から、中学生~高校生を中心に話題を集め、Android版だけで累計10万ダウンロードを超えて「No.1 学生限定コミュニティ」を謳(うた)っていた。

ひま部公式HP

「ひま部」公式HP

 トーク画面や通話・グループチャットなど豊富な機能を持ちながら、登録に必要な個人情報は生年月日のみと匿名性が高いことが特徴だが、サービス開始当初から出会い目的の利用が懸念されていた。

 2018年10月には、同アプリを通じて中学1年の女子生徒に性的暴行を加えたとして、東京都豊島区の広報課長が逮捕されている。また、警視庁情報技術犯罪対策課の発表によると、警察が検挙した児童ポルノ事件のうち11%が「ひま部」を経由したものだという。

 ひま部では本当に学生が出会っているのか。また、性犯罪の場として使われているのか。今回、bizSPA!取材班では利用者に、アプリの利用実態について話を聞いた。

“学生版出会い系アプリ”だった?

ひま部_登録画面

簡単な年齢確認とプロフィールで登録することができる(画像は学生提供)

「ひま部を通じて、彼氏ができました」と語る横山理沙さん(仮名)は、神奈川県の高校生2年生。“VIPメンバー”という月額500円の有料機能を利用している。

「友達が使っていたので気になって始めました。使っている人は30人のクラスに2、3人いるかなというくらいですね。私はバンドが好きなので、同世代でバンド友達を増やしたくて始めたんです。でも、教えてくれた友達もひま部を通じて恋人を作っていたので、そういった期待もしてましたね」

 まるで“学生版出会い系アプリ”といったところか。

「VIPメンバーになると利用してる地域を絞ってユーザーを探せるので、そこから話が会う人を探してます。使い始めて1か月くらいなんですが、メッセージで仲良くなった人と何人か会って、その中の一人と付き合うことになりました」