bizSPA!フレッシュ

奨学金500万円の借金苦…30歳会社員がバイトで繰り上げ完済した方法

マネー

 学生時代、奨学金を借りていたという人は意外と多いはず。学生支援機構の発表によると、学生の2.7人に1人が貸与奨学金を利用しているとか。

通帳 お金

※画像はイメージです

 借りたお金は返さなければなりません。ですが、同機構の奨学金利用者のうち3.4%が3か月以上返済を延滞(※2017年度末時点)。ちゃんと返している人でも「おかげで毎月生活が大変」なんて声をよく耳にします。

総額500万円の奨学金

奨学金

※日本学生支援機構、平成31年3月資料より

 通信設備会社に勤務する菊池聡さん(仮名・30歳)は、自身が高校生のころに父親がリストラに遭いました。大学時代の4年間は奨学金とアルバイトで乗り切りましたが、就職後に毎月の返済で苦しむようになります。

「奨学金は毎月8万円で、これに加えて入学時にも借りていたため、総額は約500万円。これにさらに利息がプラスされます。月々の返済額は2万4000円弱で就職してから毎月返済していましたが、1人暮らしでしたし、通勤用に必要な車の維持費もありました。おかげで手取り20万円足らずの収入ではギリギリの状態でした」

 しかも、この返済ペースでは完済が20年後。確かに、40代サラリーマンの平均年収に相当するほどの借金があっては、結婚やマイホーム購入など自身のライフプランにとっても大きなマイナスです。

「かといって奨学金を前倒しで返済する余裕もありません。それで返済のために副業を考えるようになったんです」

 投資や転売などは考えておらず、菊池さんが考えていたのはあくまで普通のアルバイト。ネット上やフリーペーパーで求人を探すもコレと思うものがなかなか見つけられなかったそうですが、ある募集記事にふと目が留まったといいます。

12