bizSPA!フレッシュ

歯磨きは虫歯・歯周病防止の効果ナシ?歯科医が薦める口腔ケア

 よかれと思って取り入れていた習慣が実は健康を蝕んでいたとしたら……。そんな考えたくもない「不都合な真実」が存在する。各分野の専門医に気になる真相を聞いた!

医者がやらない健康法

※写真はイメージです(以下、同じ)

歯磨きもデンタルフロスも実は…

医者がやらない健康法

「毎食後、長い時間をかけて歯を磨いている方も多いですが、虫歯や歯周病に有効な対策でないだけでなく、逆にダメージを与えていることが珍しくありません」

 そう注意を喚起するのは歯科医の長尾周格氏。

「歯磨きが虫歯や歯周病の予防に効果があるというエビデンスは実はありません。むしろ食事の際はとにかくよく噛むことで虫歯ができにくい口内環境になります。早食いの習慣がある人はまずは30回噛むことを意識するだけで、リスクが変わってきます」

 効果が乏しいのは何も歯磨きだけでない。

「デンタルフロスを使うことを推奨している歯医者もいるようですが、こちらもデメリットが大きい。きちんとした技術を持った歯科衛生士が一日2回デンタルフロスを使ってケアすることで虫歯のリスクが下げられるとの論文もありますが、これはプロがやった場合。セルフケアでは虫歯の予防ができないばかりか歯茎を傷つけるリスクのほうが大きいので、ただちにやめるべき習慣です」

12

ハッシュタグ