bizSPA!フレッシュ

東京メトロ03系が熊本電鉄に“転職”。波瀾万丈な車両の現況

ビジネス

インテリアは03系の雰囲気を残しつつ

東京メトロ

03形の車内

 車内は、進行方向1番前の車両の乗車口に整理券発行機、乗務員室前に交通系ICカード対応の運賃箱、運賃表が設置された。

 乗降用ドア上の3色LED式旅客情報案装置は、“普通の路線図”に転用。次駅案内は進行方向が先頭になる運賃表に掲示されており、合理的といえる。

東京メトロ

優先席の向かい側に車椅子スペースを新設

 車端部の優先席は一角を撤去し、車椅子スペースを設けた。その上に先述の冷房機が設置された。

 このほか、室内灯のLED化、中吊り広告をはさむ器具、車両と車両のあいだを通り抜けるドアがすべて撤去された。

東京メトロ

03系初期車の運転台(提供:東京地下鉄)

東京メトロ

03形の運転台

 03形で衝撃なのは、運転台をマスコン(主幹制御器)とブレーキのツーハンドルから、一体化した両手操作式のワンハンドルマスコンに更新されたこと。熊本電鉄によると、TIS(Train-control Information Management System:車両制御情報管理装置)を撤去したため、運転台のハンドルを変える必要があったという。

東京メトロ

03系は日本の鉄道車両では初めて、車両自体で情報を管理するモニターが搭載され、当時の営団地下鉄は「TIS」と名づけた(提供:東京地下鉄)

 ワンハンドルマスコンの片手部分にデッドマン装置(これを離すと自動的に非常ブレーキがかかる)、運転台には勾配起動スイッチ、定速ボタン、ワンマン運転対応機器が設置された。

東京メトロ

現時点、全線の運用に対応できるのは、01形のみ

 私の想像をはるかに超えるほど、大掛かりな改造を受けた03形。01形とともに、“熊本電鉄のツートップ”として、沿線だけではなく、観光客などにも親しまれる存在になることを切に願う。

“波瀾万丈の車両”03系の現況

東京メトロ

03系5ドア車は、2018年10月2日をもって全廃(提供:東京地下鉄)

 東京メトロ03系は営団地下鉄の1988年に登場し、1994年まで42編成336両が投入された(2001年には事故廃車の代替車1両を新製)。増備途中で設計変更が多く、まさに“波瀾万丈の車両”と言えよう。

 2010年代に入ると、日比谷線車両20メートル化の検討、03系改修工事の検討の時期が重なった。東京メトロは03系の改修工事を必要最小限にとどめ、第1~8・35・36編成を対象に実施された。

 その後、日比谷線のトンネルは20メートル車の通行に支障がないことが判明し、2016年に日比谷線第3世代車両として、13000系を投入。03系は2017年2月1日から廃車が始まると、瞬く間に数を減らし、2019年10月時点、第1・2・7・36編成のみ在籍している。

東京メトロ

東京メトロで役目を終えた03系が短編成化され、東西線の深川検車区行徳分室で出発を待つ

 その一方、18メートル車が幸いし、中小私鉄数社に譲渡(移籍)される模様だ。“転職先”での活躍にも注目したい。

【取材協力:熊本電気鉄道、東京地下鉄】

<取材・文・撮影/岸田法眼>

レイルウェイ・ライター。「Yahoo! セカンドライフ」の選抜サポーターに抜擢され、2007年にライターデビュー。以降、ムック『鉄道のテクノロジー』(三栄書房)『鉄道ファン』(交友社)や、ウェブサイト「WEBRONZA」(朝日新聞社)などに執筆。また、好角家の側面を持つ。著書に『波瀾万丈の車両』(アルファベータブックス刊)がある