bizSPA!フレッシュ

焼き鳥が水になるサプリを絶賛?悪質な「サービス比較サイト」の特徴

 乱立する最新流行サービスのなかでも「本当に優れているもの」はどれなのか。

インターネット

 ネット上にはレビューサイトや比較サイトが溢れているが、アフィリエイトによる広告収入を狙ったページも多い。ECサイトやインターネット上の事情に詳しいライターの山野祐介氏はこう語る。

ネットに溢れる「悪質な」サービス比較サイト

「アフィリエイトによって得られる報酬率は『何を売るか』によって異なるため、良心的とはいえないものでもメリットだけを列挙し、購入させてしまおうとするサイトも多く見られ、注意が必要です」

 鵜呑みにできない状況下で、われわれにできる自衛策はあるのか。

「リンクをクリックする前にURLをチェックし、アフィサイトのリンクか、そうでないかを見ることは必須。必ずしもアフィが悪いわけではありませんが、売れればお金がもらえる状況でボロクソに書く人は多くありません。また、1つのサイトだけでなく、複数のサイトを横断して評判を確認することも必須です」

 山野氏は美容系や医療系、健康食品といった、通称「コンプレックス商材」には特に注意が必要だと語る。

「こうした商品は報酬率が高く設定されることが多く、やったもの勝ちで誇大表現がされている場合もよく見られる。以前は『ビールと焼き鳥とダイエットサプリを混ぜると、すべて水になる』というトンデモ内容の動画広告までありました」

メリットばかり書かれているのは要注意

 その他にも、比較的報酬が高額になりやすいクレジットカードやFX、結婚相談所やマッチングアプリなども、さもメリットしかないかのように語られている場合は気をつけたほうがいいだろう。

「最近では、家電やゲーム機などの買い取り比較サービスにも気をつけるべき業者がいます。表示価格は業界最高値ですが、実際に申し込むと商品状態に難癖をつけて、激安価格で買い叩いてくる手口。申し込み前に事業者名で検索し、評判を確認するだけでも自衛になります」

 金銭の絡まない匿名掲示板の書き込みのほうが、まだマシな時代かもしれない。

【山野祐介】
ジャーナリスト。自らの節制生活をもとにした「1週間食費0円生活」などを月刊誌で連載中。ネット通販やクレカ、企業CPを活用した節約術や、スマホに精通

― プロが使ったもの一覧 ―

おすすめ記事