bizSPA!フレッシュ

普通の20代会社員が「1200万円のランボルギーニ」を一括購入できたワケ

 ランボルギーニといえば、社会的成功の証ともいえる超高級車。そのランボルギーニを、普通の会社員なのに20代で購入したという男性に話を聞くことができました。

ランボルギーニ

中村賢治さん(20代後半・仮名)と愛車「ランボルギーニ ガヤルド・スパイダー」

 インタビューに応じてくれた中村賢治さん(仮名・20代後半)がランボルギーニを購入したのは20代半ばの頃。ローンで購入したのかと思い、話を聞くと「中古車を一括で購入しました」という驚きの答えが。そこで、一括購入できた理由や、購入して感じたことを聞いてみました。

普通の人ができない“経験”を買いたい

 中村さんは都内の大学を卒業後、IT系の企業に就職。入社1~2年目の年収は500万未満だったそう。車が好きになったのは、大学1年で免許を取った後でした。

「免許取得後は、カーシェアやレンタカーを利用していました。都内は交通手段が豊富だし、車を買う必要性はあまりないと思っていました」

 では、なぜランボルギーニを購入したいと思うようになったのでしょう。

「免許を取って初めてドライブをしたときに、たまたま前を走っていたのがランボルギーニのガヤルドだったんです。すごくカッコよくて、いつか買いたいなというのが頭の片隅にありました」

 車を運転するだけなら、レンタルやカーシェアで十分。だからこそ「わざわざ車を持つなら、ランボルギーニという普通の会社員はなかなかできない“経験”を買いたい」と思ったと言います。

 現金一括購入したという中村さんのランボルギーニ(ガヤルド・スパイダー)は、中古車でも1200万円前後します。一体、どうやって購入資金を用意したのでしょうか。

「ローンではなく一括購入した理由は『都心では生活に必要不可欠なものではなく、趣味で買うのに、ローンの利息を払うのはバカバカしい』と考えたからです。もともと無駄遣いをしないタイプなので、大学卒業時点で塾講師のアルバイトで貯めた貯金が400万円程ありました。社会人になって収入がアップすると、その分、お金も貯まるようになって、このペースで貯金すればランボルギーニを買えるなと考えるようになりました」

無駄な出費を徹底的に省く“財テク”

ランボルギーニ

「会社では“飲み会に行かないキャラ”が定着している」という中村さん

 中村さんの1か月の生活費は、家賃が約10万円、食費(すべて外食)が約7万円、その他光熱費や通信費が数万円。これ以外は無駄な出費がなく、年間200万~300万円のペースで貯金していたそう。

「昔から、いかに無駄を省くかを考えるのが好きなので、無理な節約をしている意識はありません。例えば“ラテマネー”といって、カフェやコンビニ、自販機などで飲み物を買うのが習慣になっている人は、それだけで月に1万円以上使ったりしていますよね。特に行く必要のない飲み会は断るとか、そういう無駄を省けばお金は貯まっていくと思います」

 徹底したムダの排除はまだまだ続きます。

「ATMも手数料がもったいないので、めったに利用しません。利用するときは、50万円などの大きな額をいっぺんに下ろして少しずつ使い、普段の買い物はほとんど電子マネーで行っています。あとは、お得なマネー情報を発信しているブログなどをいくつかチェックして、電子マネーやクレジットカードのキャンペーン情報を逃さないようにしています。ポイントを活用するのは基本ですね。投資は自分の好きな飲食店の株を買うくらいですが、株主優待券で食事ができるので一石二鳥です」

 この「無駄を省く」という考え方は、なんと交友関係にも影響しているとか。

「友達も、よく会う人が数人いるくらい。やたらと人脈を広げることもしないので、無駄な会食や、人数合わせで参加するような結婚式に呼ばれてご祝儀を包むようなこともありません」

12

ハッシュタグ