bizSPA!フレッシュ

青春18きっぷで「東京~浜松間」をお得に移動。乗車してみた

 青春18きっぷ2019年夏シーズンが始まった。このきっぷでオススメの列車として、JR東海373系特急形電車による〈ホームライナー浜松3号〉浜松行きを紹介しよう。

ホームライナー浜松3号

373系で運行する特急〈(ワイドビュー)ふじかわ〉

25年目を迎えた373系

 373系特急形電車は1995年に登場。3両1編成とし、特急から普通列車まで幅広く運用できるのが特徴である。乗降用ドアは通勤電車と同じ両開き、客室とデッキの仕切りにパーティーションを採用した。

 座席は2人掛けリクライニングシートが中心で、クハ372形に車椅子対応の1人掛けを設けている。また、サハ373形とクモハ373形に4人用のセミコンパートメント(ボックスシート)があり、グループや家族連れにはうってつけの設備である。

ホームライナー浜松3号

2人掛けリクライニングシート

ホームライナー浜松3号

車椅子対応座席

ホームライナー浜松3号

セミコンパートメント

 かつては東京―大垣間の快速〈ムーンライトながら〉、東京―静岡間の普通列車に運用されていた。特に後者は乗車券のみで利用できるので、“青春18きっぷユーザー御用達列車”として愛用した方も多いだろう。

 すでにJR東日本に直通する運用はなくなったが、現在も青春18きっぷの旅に欠かせない存在だ。

ホームライナー浜松3号

2009年に臨時格下げとなるまで、快速〈ムーンライトながら〉の定期列車は373系で運転された

JR東海のホームライナーは指定席制

 現在、“特急形電車を使った青春18きっぷユーザー御用達列車”として人気が高いのは、東海道本線沼津18時31分発の〈ホームライナー浜松3号〉浜松行きであろう。全国的にホームライナーは平日のみ運転が多い中、毎日運転されている。

ホームライナー浜松3号

〈ホームライナー浜松3号〉浜松行き

 乗車するには乗車整理券320円が必要で、発車30分前までに1・2番線ホーム、もしくは改札外の券売機で購入すればいいだろう。座席は指定されており、基本的に終点まで席が保証されている。

 また、券売機で乗車整理券2人以上分を購入しても、同じ列のA・B席やC・D席になるとは限らない。4人分購入してもセミコンパートメントになる保証もなく、乗客自身が席を選択できない難点がある。

ホームライナー浜松3号

小金井13時46分発の普通列車沼津行き(沼津17時45分着)は、青春18きっぷでも乗車できる2階建てグリーン車つき

 ちなみに、JR東海のホームライナーは、車内でも乗車整理券を発売している。この場合、空席がある場合のみ席についてよい。ただし、途中でその座席の乗車整理券を持った乗客が見えたら、席を譲り、別の席へ移動する。

ハッシュタグ