bizSPA!フレッシュ

「餃子の王将」飲みのコスパを実験。 生ビール・ワインが180円の衝撃

 昨年、創業50周年を迎えた「餃子の王将」。老若男女に愛される中華料理のジャンルで根強い人気を誇り、近年は女性をターゲットにした新業態も開始。新たな客層の取り込みにも力を入れている。

餃子の王将

画像は餃子の王将公式サイトより

 そもそもリーズナブルな価格も魅力のひとつである「王将」だが、“ひとり飲み”のコスパもかなり良いとの話もよく聞く。果たして本当なのか気になるところだ。

お一人様に有り難い「ジャストサイズメニュー」の充実

 というわけで、実際に都内にある某店舗に足を運び、「王将ひとり飲み」を体験しようと思う。事前にHPから情報収集したところによると、どうやら王将にはジャストサイズメニューなるものがあるらしい。通常のメニューに比べると量は少ないが、値段がお手頃なのがウリのよう。

 店舗のメニュー表を確認すると定番の餃子はもちろんのこと、炒飯、麻婆豆腐、酢豚などの中華メニューもジャストサイズ化されており、これなら確かにお一人様には打ってつけのようにも感じる。しかも生ビールまである。

王将メニュー

餃子の王将 メニュー表

 今回は、よく注文されるメニューを店員に聞き、実際にそれらを頼んでみることにした。

「サク飲み」向け、生ビールが180円の衝撃

 料理メニューは、店員いわくやはり一番人気は餃子。3個で130円、ひとりでつまむには申し分ない。他、エビチリと炒飯が良く出るとのことで、それらも合わせて頼むことにした。またジャストサイズメニューではないが、150円という安価だったため、キムチもオーダーすることに。

 そしてひとり飲みといえばもちろん酒を頼まねば始まらないが、なんとジャストサイズの生ビールが180円で驚く。通常のビール(460円)と比べ量は少ないが、サクッと飲みたい人にはかなり嬉しいのではないだろうか。

餃子の王将 ビール

ジャストサイズの生ビール

 ここまで餃子、キムチ、エビチリ、炒飯と、すでになかなか豪華なラインナップだ。まず生ビールが届いたが、まさにジャストというべきサイズ。特段、「少なっ!」という印象は受けない。しかも経済的な事情から普段、第三のビールしか飲むことのできない筆者には嬉しい「アサヒスーパードライ」である。これで180円はかなりテンションが上がる。