bizSPA!フレッシュ

「イケメン好きじゃない」と言う女性。その真意は3通りある

コラム

 立命館大学中退を経てホスト業界入りを果たし、初月から5年連続No.1をキープするなど、かつて伝説のホストとして名を馳せた井上敬一さん(43歳)

inoue

【井上敬一】一般社団法人 恋愛・結婚アカデミー協会代表理事。1975年生まれ。立命館大学を中退しホスト業界に。ホストクラブグループ「SHION GROUP」オーナーを経て現在は企業で講演活動を中心に活動

『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)では、ホストクラブ経営者として奔走する姿が第8弾まで放送された井上さん。現在は実業家として個人のブランディングやアパレルのプロデュース、コミュニケーションにまつわる講演活動を行っています。

 ホストといえば、女性との色恋に事欠かない、華やかな夜の世界を連想しがちです。しかし、井上氏は「フラれてなんぼの仕事」と語ります。百戦錬磨の経験で培われたその井上式恋愛メソッドで、20代男子の恋愛相談に答えてもらいました。

Q.女性の前で変に格好つけてしまう

25歳・男性・公務員

僕は変に格好つけるくせがあって、彼女に自分を偽ることに疲れます。素の自分を出せない間柄だと、だんだんと会うこと自体が面倒になっていくんです。そのせいもあり、しばらく特定の誰かと付き合うのはいいかなって考えてるうちに、もう5年が経過。生活の一部のように彼女との関係を長続きさせるにはどうしたらいいのでしょうか?

A.「さらけ出し力」を鍛えよう

アイスクリームを食べる女性(デート・カップル)

※画像はイメージです(以下、同じ)

井上敬一(以下、井上):相談者は自分を偽るのが面倒くさいって言ってますけど、これは本当の自分を知られることへの怖さだと思うんですよね。

 僕は「さらけ出し力」と言ってて、格好つけて接しないといけない相手に対して、なるべく早めに「格好つけてます」って伝えるんです。そうするとかなりラクになりますよね。

 実は同じような悩みを抱く人ってかなり多いんですよ。最初に言ったように、本質は面倒なのではなくて、対女性に限らず人間関係が怖いというところ。本当の自分を見せたら嫌われてしまう不安ですね。

 この場合、素の自分をさらけ出して受け入れられる体験を重ねていくしないですよね。一番いいのは、普段思ってることを小出しに言うこと。「自分をこういうふうに作っているだよね」とか、「今日も一生懸命、格好つけてこんな店を予約したんだよ」とか、相手に伝えていく。

 そうすることで相手が「そんなふうにしなくてもいい」と言ってくれたり、「実は私も格好つけていた」って、さらけ出してくれて、相手の気持ちも自分もラクになることがあります。

12