bizSPA!フレッシュ

Twitterで「ブス!」と言われ炎上しても私がネットをやめない理由

コラム

 恋愛や性にまつわる女性の本音に“体当たり”でぶつかるマドカ・ジャスミンさん。メディアでの執筆活動にとどまらず、Twitter芸人や体当たりライターなど、その肩書きは多いです。

マドカ・ジャスミン

【マドカ・ジャスミン】多種多様な人脈を持つ、体当たりライター。その豊富な経験とユニークな着眼点から人間模様を中心としたライティング活動を行っている

 Twitterで「ブス!!!」と言われ炎上したのち、文字通り人気に火がつき、最近ではブログでクラミジア感染症にかかったことを告白したことも話題に。そんなマドカさんに「SNSで人生変える秘訣」を聞いてみました。

Twitterで有名人になるにはアノ人に絡め!

――Twitterでの炎上から一転して、今やネットをにぎわせるインフルエンサーとして注目を集めていますけど、ご自身が考える「マドカ・ジャスミン像」とは一体どのようなものなのでしょうか?

マドカ・ジャスミン(以下、マドカ):テレビに出るときは“体当たりライター”として紹介されることが多いです。「パンツを買ってもらう企画」のようにバラエティー寄りの性に関するネタを書いてきたのもあったので……。

 今はSTD(性感染症)やHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の予防について啓蒙だとかを行っています。今後は徐々に真面目なテーマにシフトしていきたいと思います。

――初めてインターネットに触れたのはいつ頃ですか?

マドカ:小学校3年のときですね。前「2ちゃんねる」とかが今よりもアングラだった時代。掲示板の書き込みを見ても、今よりずっとムラ社会っぽかった気がします。そのときは、ネット上で好きなアニメの二次創作の小説を書いていましたね(笑)。

マドカ・ジャスミン

「パンツを買ってもらう企画」もやりました…

――今回のインタビューのテーマは「SNSで人気者になる秘訣」なんですけど、率直にフォロワー数を増やすにはどうすればよいのでしょうか?

マドカ:私は3年前からTwitterを始めたんですけど、最初に意識していたのはフォロワー数が多い人たちと積極的に絡むことでした。アルファツイッタラーと呼ばれる人たちへ頻繁にリプしたり、リツイートしたりしてましたね。

――なるほど。フォロワーが多い人と交流が始まれば、その人のフォロワーからも注目されるようになりますからね。

マドカ:はい。何十万人ものフォロワーがこっちに流入してきます。あとは写真を載せるときにもコツがあって、なるべく一度の投稿で写真を最大数載せています。

 それと色彩心理学の話なんですけど、人間って暖色に惹かれる傾向があるんです。なので、フィルターで暖かい雰囲気に加工したりしていますね。

12
Who am I ?

Who am I ?

「港区女子」「パパ活」「ギャラ飲み」…最近巷をにぎわす特殊な業界や、性について深く追求し歯に衣着せぬ記事が話題となった、体当たりライター、マドカ・ジャスミン。彼女が身をもって体験したレポートの数々と、新規書き下ろしレポート「水着グラビアを撮るために本気出してみた!」収録!