専門学校から“地方信用金庫”に就職した20代男性「専門卒は20人中1人です」 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

専門学校から“地方信用金庫”に就職した20代男性「専門卒は20人中1人です」

コラム

専門学校ならではの強みが活きた場面も

「専門学校では1年生から就活のための授業があります。企業について調べたり、セミナーへ行ったり、授業ではマナーの勉強や敬語、お辞儀の仕方、喋り方や、エントリーシートの書き方、面接での対応の仕方などなど、大学ではなかなか学べないことをはやく学べたので就活はあっという間に終わりました

 そして見事に地方都市の信用金庫の内定をゲットしたというわけです。就職活動をする際、田中さんは、専門卒であるがゆえに“ある”ことを意識したとも。

採用人事の担当者が1番興味を持っているのは学歴よりも、私がこの会社で働くために何を考えているのかなので、専門学校にいたからこそ、それをしっかり考えることができたので、私が働きたい理由を明確にして話せて、面接が毎回楽しく感じました」

会社に入ってしまえば「学歴は無関係」

成功の鍵を持つビジネスマン

 就職先の会社で田中さんは20人以上いる新卒採用者の中で唯一の専門学校卒業生。学歴で引け目を感じてしまいそうですが、そんな環境の中でどんなことを感じながら働いているのでしょうか。

「金融業界ということもあって、経済学部出身の大卒者がたくさんいて、知識の面で遅れをとってしまう不安が最初はありました。でも内定後にしっかりと勉強したので、採用後は不安なく仕事ができています。会社に入ってしまったら学歴に関係なく、同じスタートラインに立って働く仲間として、目標に向かって働くことが大切だと思っています」

おすすめ記事