出版不況で収入10万以下に…エロ本ライターが50歳のシフトチェンジに成功した訳 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

出版不況で収入10万以下に…エロ本ライターが50歳のシフトチェンジに成功した訳

ビジネス

 今の働き方ひとつで5年後の姿はガラリと変わる。自分の将来価値を高める仕事術もあれば、ダメな働き方を積み重ねて、いつの間にか「食えなくなるルート」に迷い込む人も。今回は50歳になる「新宿ロフトプラスワン」で働くイベンターの大坪ケムタ氏(50歳、@kemta)に中年がシフトチェンジする心得について聞いてきた。

5年後[食えなくなる]仕事術

大坪ケムタ氏

新宿ロフトプラスワンのイベンターの決断

「このままでは食っていけない」と悩んだ末、別の仕事にシフトチェンジした人もいる。「新宿ロフトプラスワン」で働くイベンターの大坪氏もその一人。20年超のライター生活を離れ、昨年からイベンターとして第二のキャリアを歩んでいる。

1999年からフリーライターを始めました。主戦場はエロ本です。当時はAV業界がレンタルビデオからセルDVDに移行して、市場規模が2倍に成長していたんです。収入が多い月は雑誌だけでも月40万円、平均でも月30万円は稼げていましたね」

コンビニからエロ本が撤去されたことが痛手に

5年後[食えなくなる]仕事術

イベント当日には会場の裏方業務も担当する。「やはり定期収入があると精神の安定性が全然違いますね」

 しかし、2010年以降は出版不況で稼ぎ口だったエロ本が廃れ始め、「2019年にコンビニからエロ本が撤去されたことで、トドメを刺された」という。

「アイドルライターとしても記事を書いていましたが、エロ本に比べると収入的には安定しなくて。月収が10万円を切ることも増え、『これは続けても先がないな』と

 さらにコロナ禍で収入源を一気に絶たれた大坪氏は、いよいよ他業種に舵をきった。

12

ハッシュタグ

おすすめ記事