“八代亜紀のアバター”が歌う「異色ライブ」の仕掛人に聞く、メタバースの稼ぎ方 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

“八代亜紀のアバター”が歌う「異色ライブ」の仕掛人に聞く、メタバースの稼ぎ方

ガジェット

 メタバース元年といわれる2022年。さっそくメタバースで生活を一変させた人たちがいるという。ただの楽しみに留まらず、生活の糧を得る仕事人が生まれてきているそうだ。新しい世界で一攫千金も夢じゃない!?

メタバースで[稼げる仕事]図鑑

 今回はクリエイターでなくてもなれる「メタバースプロデューサー」という職種に注目していく。世界のプロデュースと教育でメタ商機を掴もう。

メタバースプロデューサーという名の職業

「メタバースの仕事といえば、クリエイターをイメージする人が多いのですが、『この人がいなければ始まらない』という職種が別にあるんです」

メタバースで[稼げる仕事]図鑑

北村勝利氏

 そう話すのは、会社経営をしながらメタバースの普及活動に取り組んでいる北村勝利氏だ。その肩書はメタバースプロデューサーと講師。

「メタバースは人の交流を生むための空間ですが、その空間をつくるにはお金が必要。だから、最初に動かなければならないのはプロデューサー。コンセプトを決めてスポンサーを集め、発注をする。街づくりと同じことをやる」

八代亜紀がアバターになり初ライブ

メタバースで[稼げる仕事]図鑑

演歌の女王、八代亜紀がメタバースに降臨

 北村氏がプロデュースしたのは、昭和をテーマにした招待制メタバース「宝島」。演歌歌手の八代亜紀さんがアバターになり、初ライブをしたことで話題を集めた。ただし、収益は、スポンサー獲得やチケット販売などの経験が問われるため、メタバース初心者にはハードルが高い。

12
メタバース革命 バーチャル経済圏のつくり方

メタバース革命 バーチャル経済圏のつくり方

「メタバースで生きていく」という新たな選択肢。うつ病・対人恐怖・引きこもり発症から、100万人来場のVRイベント主催者に!

ハッシュタグ

おすすめ記事