“自炊をしない主義”がアダに…突然の災害で感じた「コンビニのありがたみ」 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

“自炊をしない主義”がアダに…突然の災害で感じた「コンビニのありがたみ」

コラム

セイコーマートで食料をなんとか確保するも…

 それでも3軒目に訪れた北海道のご当地コンビニ「セイコーマート」は停電の中でも営業中。弁当・惣菜類やパンは完売していましたが、カップ麺が若干残っていたので迷わず購入。すると、家に着いてからお湯を沸かせなかったことに気づいてしまいます

ウチはIHコンロだったんです。非常時にも使えるカセットコンロやキャンプ用のアウトドアコンロもありません。さすがにお湯ではなく水を入れたり、そのまま食べるのも気が引けたので再びコンビニに戻りました。でも、調理不要で食べられるようなモノはほとんどなく、まだ残っていた少ない商品の中からスナック菓子と枝豆を購入。これをその日の食事にすることにしました」

 しかし、家に居ても特にやることがなかったので食べ始めると、冷蔵庫に入っていた缶ビールを飲みながらだったこともあり、すぐに食べ尽くしてしまいます。昼食を取らずに会社まで往復3時間歩いていたので普段よりもお腹が空いており、ストックしていたインスタントラーメンをそのままボリボリ食べることに

キャンディーやガムで飢えをしのぐ

コンビニ ガム

「先程買ってきたカップ麺は液体スープだったため、そのまま食べるなら粉末スープのインスタントラーメンのほうが合うと思ったんです。ベビースターラーメンみたいな感じで結構イケましたよ(笑)

 この状況でも「明日になれば復旧しているはず」と妙に前向きだった土橋さん。その日は酔った勢いで早々に床に就いたそうですが、実際には翌朝になっても停電したまま。しかも、スマホがバッテリー切れを起こしていたそうです

「会社は停電が続いていたら臨時休業という取り決めになっていました。仕事がないのは助かりましたが、問題は今日の分の食べ物とバッテリーの確保。そこで前日訪れたセイコーマートに行きましたが、どっちも売り切れていまいした。仕方なく残っていたキャンディーやガムを買いましたが、家に食べ物が何もなかったため、腹は膨れませんが口に入れるモノを確保できたのは助かりました

おすすめ記事