bizSPA!フレッシュ

野村周平、人気女優のドタキャンにショック/元モー娘メンバーの小学生時代が天使すぎる<U-25芸能ニュース>

「U-25芸能ニュース」では25歳以下の芸能人に注目していますが、この世代はとにかく“卒業”や“活動休止”などが多いですね。

 多くの芸能人にとって、20代前半は人生の岐路となる時期なのかもしれません。

 先週も、多くのU-25アイドルやアーティストが大きな決断をしました。

1)乃木坂46・西野七瀬の卒業発表にネット上は悲しみの声

YOMIURI ONLINE 9/21(金)ほか

西野七瀬

西野七瀬オフィシャルブログより http://blog.nogizaka46.com/nanase.nishino/

 乃木坂46の“絶対的エース”西野七瀬さん(24)が2018年いっぱいで同グループを卒業することをブログで発表しました。

「いきなりですが 皆さんに伝えたい事がありまして、、、」と切り出したブログでは、「約7年間 本当にお世話になりました。 わたくし西野七瀬は年内の活動をもって 乃木坂46から卒業いたします。 m(_ _)m」と、やや飄々とした文面で卒業の決意を報告。

 卒業後も芸能活動は続けるとのことですが、ツイッター上では「なぁちゃん(※筆者注:西野さんの愛称)の卒業ショックすぎて学校休んでしまった…」や「年内ってもうすぐじゃん、さびしぎる」などの悲しみのコメントが寄せられていました。

 乃木坂46の立ち上げから1期生として活躍し、グループを牽引してきた西野さん。

 2016年に発売した写真集『風を着替えて』は15万部以上の売上という驚異的な記録をあげ、今年はテレビ東京系の連続ドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』で主演を務めるなどグループ外での活動も目覚ましいものがありました。

 卒業後の西野さんの活躍も間違いありませんが、寂しいニュースでした。それにしても、近頃はAKBグループや坂道グループの卒業ニュースが毎週あって、気が休まりません。

2)現役大学生アーティスト“ぼくりり”が引退を表明

ORICON NEWS 9/22(土)ほか

 現役大学生でアーティストの“ぼくりり”こと、ぼくのりりっくのぼうよみさん(20)が2019年1月で活動を終了すると発表しました。

 日本テレビ系『NEWS ZERO』内の自身の特集のなかで、活動終了の意向を明らかにしました。

 2012年よりニコニコ動画に楽曲を投稿し、インターネット上で注目を浴びていたぼくりりさん。メジャーデビュー後もその類まれな言葉のセンスと繊細な感性で、最先端の楽曲をリリースしていました。

 ぼくりりさんは引退の理由として、「生まれガチャで引いてしまった自分の才能に押し潰されていました」とツイートし、「こんなことなら、才能なんてなければよかった。ありきたりな人間に生まれればよかった」と発言しています。

 ぼくりりさんの引退を惜しむ声が多数寄せられるなか、一部では「みんな多かれ少なかれ才能はあるんだよ。人に利用されてしまうのは才能じゃなくて性質」という批判的なコメントもありました。

 いずれにせよ、将来を嘱望される若手アーティストの引退は残念。彼の第二の人生にも注目です。

3)渡辺美優紀が2年のブランクを経て活動再開!

東スポWeb 9/19(水)ほか

 去っていくアーティストがいれば、帰ってくるアイドルもいました。

 2016年にNMB48を卒業して以来、“充電期間”に入っていた“みるきー”こと渡辺美優紀さん(25)が、今月19日ZeppTokyoでライブを行い、2年ぶりにファンの前に戻ってきました。

 ライブではつんくさん提供の「WINTER LOVE ~私のYeah Yeah」や、作曲・水野良樹さん(いきものがかり)、作詞・高橋久美子(元・チャットモンチー)の楽曲「りんご麗し 実りの季節」など全12曲を披露。

 楽曲に携わった方々の名前を見るだけで、周囲の渡辺さんへの期待度が伺えます。

 渡辺さんは「会えなかった時間、きっと皆さんいろんな変化があったと思います。私もいろんなことがあって、そんなときに皆さんの支えがすごく大きかったです」と、2年の活動休止中もファンに支えられていたことを感謝していました。

 帰ってきた渡辺さんにファンは「みるきーこそ完璧なアイドル! おかえり!」や「渡辺美優紀さんがまた歌って踊ってくださった…」と歓喜しました。

 今後もライブパフォーマンスを中心に活動していくという渡辺さん。「ファンの前に立つ機会は定期的に作っていきます」とインタビューでも語っています。これからの活動にも期待できますね!

12

ハッシュタグ