自由気ままな「ノマド生活」。ITだけじゃない“推進してる会社”3つの特徴 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

自由気ままな「ノマド生活」。ITだけじゃない“推進してる会社”3つの特徴

キャリア

 近年、コロナ禍のテレワーク推奨で、住まいを転々としながら働くライフスタイル、「デジタルノマド」が増えている。

ワーケーション

画像はイメージです(以下同じ)

 今回は、経済評論家の鈴木貴博氏@zubizac)にノマドワークがしやすい企業・職種の特徴について聞いてきた。

ノマドワークがしやすい企業の特徴

 自由気ままなノマド生活。フリーランスに多いイメージがあるが、現在ではコロナをきっかけに、推奨している企業も増えてきているという。経済評論家の鈴木氏は、ノマドワークを導入している企業の特徴についてこう語る。

「ノマドワークを取り入れやすい企業の特徴は3つ。まずはITを駆使する企業です。次に考え方が柔軟なベンチャー企業全般。もうひとつは、働き方改革やSDGsを企業理念に掲げる企業です」

どのような企業がノマドを推進しているのか?

生活費20万円以下[ノマドワーカー]の現実度

鈴木貴博氏

 では、具体的にはどの企業がノマドを推進しているのか。

「例えば、居住地を全国に拡大できる働き方を導入したヤフーやフルリモートが可能なサイボウズ、それから海外移住も可能なガイアックスなど。ワーケーションを推奨するJTBなどの旅行業界も多いですね」

 とはいえ、企業によって千差万別なのが現状。スキルや人脈がある社員にのみノマドを許可する例もあるようだ。

「今後は、深刻な求人難もあり、大企業もフルリモート勤務可で採用するところが増えてくるでしょう

 全国の会社員が、場所にとらわれずに働ける未来は近いのかもしれない。

▼ノマドがしやすい企業の特徴
・ネット・プログラミングなどの業務が多いIT企業
・考え方が柔軟な若者中心のベンチャー企業
・働き方改革やSDGsを企業理念に掲げている企業

<取材・文/週刊SPA!編集部>

【鈴木貴博】
経済評論家。東京大学卒業。2003年に独立後、人材企業やIT企業の戦略コンサルティングの傍ら、経済評論家としても活躍し、著書も多数

おすすめ記事