飛行ルートは誰がどうやって決めているのか?フライトごとに変わる秘密 | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

飛行ルートは誰がどうやって決めているのか?フライトごとに変わる秘密

生命の危険にもつながる操作

コックピット

 ドアに鍵をかけているように見えるのは、緊急脱出装置を解除するためにドアモードの設定を変更しているためだ。

 反対に、離陸前には、乗務員はドアモードを緊急脱出装置が作動する設定にする。この状態を「アームド・ポジション」または「オートマチック・モード」という。このドアモードの変更は、離着陸時に客室乗務員が手作業ですべてのドアに行なっているのだ

 ドアモードを設定し忘れたまま飛び立つと、緊急時に脱出シュートが機能せず、生命の危険にもつながることになる。実際、過去にこの操作を忘れたまま離陸して問題になったことがある。そのため各社はこのドア操作を厳しくチェックし、ミスが絶対にないよう万全の体制をとっている。

<TEXT/エアライン研究会>

「人類最大の発明は飛行機である」といってはばからない、自他ともに認めるエアラインファンによって結成された研究チーム。幅広いネットワークを活かして収集した国内外の航空情報を、より多くの人に提供し、飛行機の魅力を伝えることをモットーとしている。あくまでも乗客の視点にこだわって、航空業界の動向を見守っている

最新版 飛行機に乗るのがおもしろくなる本

最新版 飛行機に乗るのがおもしろくなる本

この本では、そんな飛行機にまつわる謎や不思議を解決します。飛行機のおもしろさ、すごさを、もっともっと知ってください!

ハッシュタグ

おすすめ記事