売上5億円「日本一稼ぐホスト」が語る、“1000万円の壁”を超える接客術 | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

売上5億円「日本一稼ぐホスト」が語る、“1000万円の壁”を超える接客術

ビジネス

先輩ホストからのヘルプ指名率を高める

 一方でお客様には、橋渡し役になって女性の気持ちを汲み取って担当ホストに伝えたり、トイレの前でおしぼりを持って待機したり……。心地よい距離感を保つことで、先輩ホストからのヘルプ指名率が高まり、接客する回数を増やすことができました

 また、気遣いのできるホストとして、お客様の同伴者から当日に指名してもらえたり、後日知人の女性を紹介してもらったりして、月の売り上げを徐々に伸ばすことに繋がりました。

 月の売り上げが150万円を超えて、何度もお店に来てくれるお客様もちらほら。ですが、エルメスには程遠い。次なる手は、ホストとしての品質向上です。これまでの事は継続し、ほかのホストを反面教師に、お客様の担当ホストの愚痴や注意されている先輩ホストなど、彼・彼女らの言動を観察し、嫌われ・叱られ要素を排除していきました。

かっこいいの追求は終わりのない旅と同じ

降矢まさき

売り上げ日本一を達成した一夜。男は歌舞伎町の伝説になった

“穴のないホスト”は減点方式に強いので特徴的な魅力がなくても総合評価は高くなるし、女性を不愉快にさせないので、自然と愛されキャラになれます。

 ただ、ホストとしての純度は高いのですが、月の売り上げ400万円は超えられても1000万円は厳しい。それは、オリジナリティがないからです。歌舞伎町で働くホストは約8000人と言われています。ここから先のステージでは、小手先のテクニックより降矢まさきらしさ、その人間力が問われます。

 では、何を“降矢まさきらしさ”としてブランディングしていくべきか? 俺の場合は、“かっこいい”。これ一択です。街を歩くサラリーマンのスーツの着こなしや歩き方、喫茶店での接客、言葉遣い、仕草など、少しでも惹かれたら俺と何が違うのか、それを観察して理解し、すぐ実践に移します。かっこいいに終わりはないのです。

おすすめ記事

降矢まさきは他にもこんな記事を書いています