SKY-HIが明かす、「BE:FIRST」を生んだ“優しいリーダーシップ”の正体 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

SKY-HIが明かす、「BE:FIRST」を生んだ“優しいリーダーシップ”の正体

 話題の7人組ボーイズグループ「BE:FIRST」の生みの親でもあるラッパーでソングライターのSKY-HIさん@SkyHidaka

晴れるまで踊ろう

SKY-HI『晴れるまで踊ろう』(扶桑社)

 2005年に男女混合パフォーマンスグループ「AAA」のメンバーとしてデビューし、2020年にはレコードレーベルを立ち上げ、CEOに就任。私財1億円を投じて開催したオーディション「THE FIRST」での言動は、「理想の上司」「次世代のリーダー像」だと話題を集めました。

 プロデューサー、起業家としても注目を集めているなか、4月15日に初めてのエッセイ『晴れるまで踊ろう』を発売しました。今回はSKY-HIさん自身が考える「優しいリーダーシップ」について紹介します(以下、同書より一部編集のうえ抜粋)

優しいリーダーシップ

「理想の上司」「新時代のリーダー」と言われることが多くなった。これに関しても自分では、そんなふうに思ってはいない。「JUST BREATHE feat.3RACHA of Stray Kids」の中に〈ただ I’m just King トップオブリーダー〉というフレーズが出てきたりはするけどね。

 自分で思ってるかどうかは別にして、そう思われているのなら、そう見えてるっていうことだし、もちろん悪い気はしない。

 BMSG(SKY-HIが代表取締役CEOを務める事務所)に所属するアーティストやスタッフにとっては自分こそがリーダーだというふうに自覚してます。特に所属アーティストに対しては自分以上のリーダーは絶対にあり得ない、という自信も自負もある

 だからBMSGの最高のリーダーは自分である、とは言える。彼らにとって自分は先達であり、そして指導者でもあって、またプロデューサーであり、さらに最高責任者でもあるわけだから。だから彼らにとってベストな選択やスタンスをとっていくことは常に意識してやってます。

時にフラットに、時に強烈に

ミュージシャン

※画像はイメージです(以下同じ)

 そういうリーダーでありたい、と。でも、それは自分と彼らとの話であって、そのまま、でっかい括りでの「新時代のリーダー」とイコールなのかと問われても答えようがない。当然ですけど、そんなことまで考えて社長をやっているわけではないですからね。新時代のリーダーはこうあるべきだ、などということは全く考えていません。

 それに、それぞれの組織によって、あるべき最高のリーダー像というものは異なって然るべきだと思うんですよね。おそらくソロで活動してるアーティストというのは、多かれ少なかれリーダー的な部分があるんじゃないですか。意識してるか無意識かはわからないけど、みんなリーダー的業務をやってるとは思う。

 自分の場合は、とにかく気を使うタイプ。有無を言わさず引っ張っていく、というタイプのリーダーではない。かといって単なる調整役でもない。指針は示すから。時にフラットに、時に強烈に。

晴れるまで踊ろう

晴れるまで踊ろう

次世代のリーダーに選ばれる今必要なクリエイティブのすべてがここに

ハッシュタグ

おすすめ記事